読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本霊異記 (岩波少年文庫―遠いむかしのふしぎな話 (3134))

日本霊異記 (岩波少年文庫―遠いむかしのふしぎな話 (3134))

日本霊異記 (岩波少年文庫―遠いむかしのふしぎな話 (3134))

作家
水上勉
司修
出版社
岩波書店
発売日
1995-11-08
ISBN
9784001131345
amazonで購入する

日本霊異記 (岩波少年文庫―遠いむかしのふしぎな話 (3134)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スノーマン

小2ムスメの好みそうやけど自分で読むのは難しいだろうと、目次から今日はコレ!とリクエストを受け付け読み聞かせ。奇想天外で残酷なものも多いけど、ワクワクが勝ってるみたいで楽しんで聞いてくれた。『母が子を淵に投げた話』は題名だけでディープインパクト。という感じで一遍ずつは楽しいけど、全体を通すとちょっと怪しい宗教PR冊子的な戒めを感じるかも(笑)

2017/05/29

花林糖

日本最古の説話集。薬師寺の僧・景戒の作で原本は116話。その中から著者が選んだ因果応報の仏教説話41編。好みの話からイマイチなものまで様々でした。印象に残ったのは「海に落ちておぼれなかった話」「母が子を淵へ投げた話」「男が早死にする話」「年寄を助けた話」「観音さまからお金をもらった話」。母が子を淵へ投げた話」はどこかで読んだ記憶があるけれど思い出せない。岩波少年文庫なのでさらっと読みやすく、『日本霊異記』全話読みたくなりました。著者あとがきもなかなか面白く◎でした

2017/02/04

tamako

図書館で目に留まって読む。原本の1/3ほどが平易な言葉で現代語訳になっていて読みやすい。薄ら怖い話が多く、それぞれ3ページくらいの短さで投げっぱなしだったりするのが一層怖い。「吉祥天女さまの話」の締めが『お経にも みだりに女性を慕ってばかりいるものは、絵に描いた女にでも欲心がおきる と書いてある。』という、Twitterあたりで炎上しそうなフレーズだったのが印象深い。「母親が子を淵に投げた話」は吉野朔美っぽいな。

2019/12/01

りんふぁ

平安時代にかかれたお話。霊界にいって生き返った話や転生輪廻、因果応報の話がたくさん。いまでも面白い。

2015/07/12

チェリ

法話を聞いてるみたい。同じ内容の繰り返しなので飽きるけど、言いたいことはよく分かる。

2013/05/21

感想・レビューをもっと見る