読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))

はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))

はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))

作家
ミヒャエル・エンデ
Michael Ende
上田真而子
佐藤真理子
出版社
岩波書店
発売日
2000-06-16
ISBN
9784001145021
amazonで購入する Kindle版を購入する

はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

物語に呼ばれるように、本の世界へと迷い込んだバスチアンの冒険が鮮やかに描かれていました。何でも望みを叶えられるようになったバスチアン。願いが叶う毎に大切な記憶が失われていくのも辛かったけれど、アトレーユやフッフールをないがしろにするようになったのが悲しかったです。ファンタージエンを救うはずが帝王になることを思い描くようにまでなるなんて。でも最後の願いが「人を愛せるようになること」というのにじわっときました。大切なのは人を愛すること。現実に帰ったバスチアンの日常は今までと変わるのでしょうか。

2015/10/28

めしいらず

過去を振り返ると多くの悔いばかりが見えるもの。時に周りの雑音に心乱されたことがあっても、自分で選んで来た道筋を辿った先に今いる。これから先もそう。ならば誰かのせいにせず、人生に悔いを残さぬよう素直な心で「汝が欲すること」を為そう。簡単な道のりではないけど、苦い経験を嘆くのでなく良薬に変え、周囲の期待や自尊心の落し穴から自由になれれば、その先できっと見つかる。与えられる美醜や賢愚、良識に目を曇らせてはいけない。ありのままの姿で誰かを愛し、もし誰かそれに報いてくれたなら、これ以上の生きる悦びがあるだろうか。

2014/03/07

かえで

上巻から。バスチアンがファンタージエンに入ったところからです。ファンタージエンで権力を握り、身勝手に振る舞うバスチアンにイライラしつつ、アトレーユの懐の深さに救われ..そして最後はまたバスチアンを応援している自分がいました。素晴らしい物語。これはバスチアンとアトレーユの物語だけでなく、様々なサイドストーリーもそこにはあるのだけど、そこは読者が想像して作り出すような形になっている。一人一人が、はてしない物語の続きを作り出していけばいい..という風に感じた。いつか単行本で読み直したい。名作です。

2018/06/19

Gotoran

主人公バスチアンの現実の世界と彼が読んでいる『はてしない物語』の世界(ファンタージエン)が次第に重なり合い、いつの間にか読み手も惹き込まれてバスチアンと同じ体験を味わってしまう。巧みな文章表現と豊かな想像力でエンデ思想が散りばめられている。読み手の年齢で様々な解釈・想像ができる。人間の素晴らしいところ、醜いところ、幸せとは何かということが凝縮されている。読み手の人格形成にも少なからず有益な示唆を与えるに違いない秀逸なファンタジー。エンデからの素晴らしい贈り物。

2014/07/01

たつや

エンデの装丁の指示で現実世界と本の世界は赤と緑のインクで分けていたらしいが、この、文庫ではそこまではしていない。が、村上春樹の作品もそうだが、読んでいればわかるので、混乱なく最後まで読め、独特のエンデワールドを楽しめた。訳者のあとがきも面白く読めました。

2017/04/26

感想・レビューをもっと見る