読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

最後のひと葉 (岩波少年文庫 539)

最後のひと葉 (岩波少年文庫 539)

最後のひと葉 (岩波少年文庫 539)

作家
オー・ヘンリー
小西英子
金原瑞人
出版社
岩波書店
発売日
2001-06-16
ISBN
9784001145397
amazonで購入する Kindle版を購入する

最後のひと葉 (岩波少年文庫 539) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たつや

オーヘンリーの岩波少年文庫は初読みです、編集者のセンスが見える14編でした。初読みは半分くらい?でしたが、「よみがえった良心」は金庫のくだりを太陽に吠えろや刑事ドラマ、映画で見た記憶がありますが、もとネタはこれをパクった、と、確信する。ほぼ全編、どんでん返しが心地よく、繰返し何度も読みたいお話ばかりでした。ニューヨークに行きたくなった。

2017/03/03

おはなし会 芽ぶっく 

オー・ヘンリーといえば、「最後のひと葉」と「賢者の贈り物」以外知らないなぁ、と読んでみました。『よみがえった良心/警官と賛美歌/株式仲買人のロマンス/犠牲打/二十年後/伯爵と結婚式の客/ジェフ・ピーターズの話/一千ドル/都会の敗北/金の神と恋の使者/緑のドア/回転木馬のような人生/賢者の贈り物/最後のひと葉』の14編。

2020/02/24

東の海月

忙しくて読めないまま返却日が来てしまい、せめて一つの話だけでも読んでおこうとページをめくったら面白すぎて一気読み!あのまま返さなくてほんとに良かった(笑)。 気に入ったのは「よみがえった良心」「警官と賛美歌」表題作の「最後のひと葉」。でもどの話もいいなー。5分後シリーズっぽい感じ。 そして一番好きなのが「賢者の贈り物」。小1くらいの時、これの絵本を読んですごく感動したんだけど、名前を忘れちゃってて…話の途中に「まさか、この流れは…!?」とびっくり!再開(?)できて嬉しかった( ;∀;) 

2021/04/09

ちゅん

重い肺炎にかかって、窓の外の葉が全部落ちた時が自分の死期だと思い込むジョアンナ。そんなジョアンナの気弱な発言を聞いた画家のベアマンがやったこととは…?のお話。有名なお話ですし、解説ページもあまたあるので所感は割愛します。しかし、若いうちにこの話を読んで、自分なりの感想は持ちたいお話であると思いました。

2018/05/05

Emma

短編集。それぞれいい感じのラストでかつ人の思いやりとかを感じられるものが多かった。

2015/05/10

感想・レビューをもっと見る