読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベルリン1933 壁を背にして (上) (岩波少年文庫)

ベルリン1933 壁を背にして (上) (岩波少年文庫)

ベルリン1933 壁を背にして (上) (岩波少年文庫)

作家
クラウス・コルドン
酒寄進一
出版社
岩波書店
発売日
2020-04-17
ISBN
9784001146233
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベルリン1933 壁を背にして (上) (岩波少年文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゃん

1932年、世界恐慌の影響でベルリンも失業者があふれる。この1933年の巻は、1919年の巻でまだ病弱の赤ちゃんだったハンスぼうやが主人公。彼は学校を出てすぐに総合電機会社の倉庫で働きだすが、そこでさまざまな洗礼を受ける。彼の家族、アパート、職場、街路のさまざまなところでナチスが徐々に忍び寄り、不穏な空気に包まれていく。そんな中でのハンスとミーチェとの恋の行方が気に懸かる。下巻に進もう。

2020/09/23

ケイトKATE

『ベルリン三部作』第二部。タイトルである1933年は、ヒトラーが首相となり権力を握った年である。ヒトラー関連の本を読んで、この時期のドイツの混乱ぶりを知っていたが、ナチス突撃隊の横暴ぶりや、共産党と社会民主党のいがみ合いが本書でも生々しく書かれている。正直、歴史の事実を知っているから共産党を支持していたゲープハルト家の人々が、ナチスの弾圧に巻き込まれることは読んでいて予想はできていたが、コルドンが描く当時の状況や登場人物の描写は、臨場感と痛みを感じながらも一気に読ませる力がある。(感想は下巻に続く)

2020/04/29

ぐみべあ

第一次大戦の賠償金を抱え、貧困に喘ぐドイツ。その状況を巧みに利用し台頭するヒトラー。目指すものは似ているはずなのに手を組めない共産党と社会民主党を尻目に、ナチはどんどん勢力を拡大していく。十五歳の主人公ハンスの友人、家族の中でも政治的立場が分かれ、決裂が生じる。仲良く支え合って生きてきたはずの兄弟や友人がいつの間にかナチに属していたらシャックだろうなあ… このシリーズおもしろいけど、主人公や主体的に動くキャラクターは全部男性なのが残念。主人公はユダヤ人の女の子に恋をして、その子を救う騎士になる的なね…

2020/10/10

フンフン

ビザンツ帝国では、元来は競争馬車競技の競技者を区別するための旗の色だったものが、次第にファン同士の間で激しい抗争が起きた。所属する党派が、ただのファンの区別だろうが、政党の区別だろうが、他の党派との対立抗争が激化して、むやみやたらに殺人や放火が行なわれるようになれば、自分の身を守るためだけでも自党に団結して敵党と戦わざるを得ない。どの組織・党派に所属していようと、国法に従うかぎり国家の保護を得ることができ、逆に国法に反すれば目こぼしされることなく処罰されるというのでなければ社会の平和は得られないのである。

2020/11/22

はる

第一次世界大戦から14年。オムツをしていたハンスが一人立ちしてゆく。時代はファシズムがコツコツと足音を立て始め、ある時は日常生活に暴力を用いて介入する。一緒にビー玉遊びをした竹馬の友にもナチズムを選ぶ者が現れ始める。ナチズムは工場で労働者の味方を装いながら、日常生活の中ではドイツ人の貧困はユダヤ人が作り出していると叫びながら。 下巻に続く

2020/07/11

感想・レビューをもっと見る