読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベルリン1945 はじめての春(下) (岩波少年文庫 626)

ベルリン1945 はじめての春(下) (岩波少年文庫 626)

ベルリン1945 はじめての春(下) (岩波少年文庫 626)

作家
クラウス・コルドン
酒寄進一
出版社
岩波書店
発売日
2020-07-15
ISBN
9784001146264
amazonで購入する Kindle版を購入する

ベルリン1945 はじめての春(下) (岩波少年文庫 626) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイトKATE

やがて、ヒトラーの死によって第三帝国が崩壊したことで、ヘレは解放されゲープハルト家に帰ってくるが、ドイツが犯した罪と責任を巡る論争が起き、エンネをはじめゲープハルト家の人々には重い空気が漂う。それでも、ゲープハルト家の人々は微かながらも希望を探そうと前を向こうとして物語は終わる。『ベルリン三部作』は激動のドイツ史を市井の人々であるゲープハルト家の人々の目線から見た物語である。ゲープハルト家の人々が生きた時代は非常に過酷なものであるが、著者クラウス・コルドンは真正面から向き合って物語を書いている。

2020/07/23

しゃん

『ベルリン』転換期3部作を読み終えた。全く異なるジャンルではあるが、『夜と霧』を読み終えたときと同じ読後感。個人や家族が政治や思想といった抽象に飲み込まれ、翻弄されていく様が苦しい。特に、この1945はこれまでの登場人物の悲しい結末が語られる。ナチスの支配が終わっても、多くの市民に解放が訪れたわけではなく、救いのない話が続く。つらい部分が多かったが、最後いくつか未来への希望が見えてきて、人間の逞しさを感じた。特に印象に残ったフレーズは「本のない住まいなんて、笑いも夢もない人と同じよ」というミーツェの言葉。

2020/10/12

ぐみべあ

第二次大戦終盤のベルリン。ソ連の占領により、戦争の終結を喜ぶと同時に、掠奪に怯える市民。正義とはなにか。その時権力の座に座ったものが「正義」なのか。平和と自由を得る手段としての暴力は許容すべきか。暴力以外の方法で戦うことは可能なのか。国民の生活を豊かにする自由で平和な国家はどうすれば作れるのか。民主主義国家において独裁者の台頭を許さないにはどうすればよいのか。など、多くの重要な問いを投げかけてくれる本。 ノンフィクションにはできない方法で、フィクションは歴史を伝えられると感じた。

2020/12/20

フンフン

エピローグにゲープハルト家の人々のその後が書かれてるけど、こんな簡略なんじゃ満足できないよー。ベルリン1961とベルリン1989も読みたいよー! 

2020/11/25

はる

ベルリンの壁にハンマーが打ち下ろされたのが1989年冬。統一ドイツ大統領ヴァイツゼッカー氏が来日し「過去に目を閉ざすな」と講演したのが1995年夏。統一という感動と同時に経済の差が西の国と東の国を際立たせて統一の困難さを感じさせたのを思い出す。何十年もかけて出来上がったものをもう一度作り直すのは家の建て替えのようにはいかない。著者は何故その様な困難なことを招来させたのか、何百万人の死者のうえに作られなければならないものだったのかを問いかける。➡️

2020/07/18

感想・レビューをもっと見る