読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドリトル先生アフリカゆき (ドリトル先生物語全集 (1))

ドリトル先生アフリカゆき (ドリトル先生物語全集 (1))

ドリトル先生アフリカゆき (ドリトル先生物語全集 (1))

作家
ロフティング
井伏鱒二
出版社
岩波書店
発売日
1961-09-18
ISBN
9784001150018
amazonで購入する

ドリトル先生アフリカゆき (ドリトル先生物語全集 (1)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tera。

自分で本が読めるようになって、一番最初に自分用に全巻揃って買ってもらったシリーズ。ドリトル先生と動物たちとのやり取りが、頭の中で映像化されるほど井伏鱒二の訳が素晴らしい。また妹のサラが『お嫁に行きます』と、キレ気味に出て行ったのに簡単にお嫁に行ってしまうのには、子供の頃も今も驚きだ。 困っているドリトル先生には、必ず助け舟が出るのは先生の人徳かなぁ。マシュー・マグが本当にいい人だった。

2013/11/16

まあやん

子どもの頃大好きだった本。子どもに 買ってやり、今度は孫に。でも古くないかなあと心配になり読んでみた。古くはない、ちょっと人種差別っぽいところがあって、それが時代を感じさせるけど、石井桃子さんがちゃんと説明してくれてる。 「おしつおされつ」なつかしい! でも、子どもの時読んだ、もんのすごくおもしろかった感はなかった。おもしろかったんだけどね。こればっかりは仕方がない。

2020/01/06

刹那

やぁーと読み聞かせ終わりました♪明日続きかりてきてよ!!と頼まれました♪喜んでくれてよかった♪

2013/05/28

おーすが

映画を観たついでに再読。こんな話だったか。話がかかれた1920年の、未開社会へのロマンがうかがえる。今読むとステレオタイプでも当時は余程ワクワクするものだったろう。宇宙も海底も行き尽くされた現代、子どもたちにとっての未開とはどこか。ジップがかわいいし、嗅覚世界の描写は、今読んでもすてきだな。

2020/09/02

Foufou

①動物語を解する=超能力。②お金に無頓着=清貧。③病める者を無償で治癒=慈悲。③海賊の否定と労働礼賛=プロテスタンティズム。④犬の嗅覚の、鳥の視覚に対する優位=大地礼賛。…黒人の扱いについて70年代以降物議を醸し、この本を発禁扱いにしている国もあるとか。作者ロフティングが現代に生きていれば、間違いなく人種差別撤廃の先頭に立った人物であろう、と石井桃子は擁護する。人は誰しも時代の感化を免れ得ない、とも。過去のパラダイムを脇に置く姿勢は確かに与し難い。その時代の倫理観を知る上で、児童書はまたとない資料である。

2019/07/07

感想・レビューをもっと見る