読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドリトル先生の動物園 (ドリトル先生物語全集 (5))

ドリトル先生の動物園 (ドリトル先生物語全集 (5))

ドリトル先生の動物園 (ドリトル先生物語全集 (5))

作家
ロフティング
井伏鱒二
出版社
岩波書店
発売日
1979-01-01
ISBN
9784001150056
amazonで購入する

ドリトル先生の動物園 (ドリトル先生物語全集 (5)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tera。

前回大ガラス海カタツムリに乗ってパドルビー帰ってきたドリトル先生ご一行。留守を守っていたアヒルのダブダブ、豚のガブガブ、フクロウのトートたちは大喜びする様子が本当によく伝わってくる。動物園と言っても自宅にいる動物たちを公開するのではなく、動物たちにとっての居心地の良いHOMEを作るって事みたいで一安心。ネズミに毎晩話を聞くドリトル先生、相手が誰であっても自分の知らない事を教えてくれる相手を敬って紳士です。後半は名探偵犬・クリングの謎解き。このクリングがどのようにして登場するのかは、読んでからのお楽しみ。

2013/11/26

Miki Shimizu

動物園というか、、、。動物の住みかをいっぱい作ったドリトル先生。特にねずみたちのお話を聞く会をする。

2020/06/06

mijuari

動物園に、ゴールドラッシュに、遺産相続に、盛りだくさんで、ドリトル先生大忙しの物語でした。動物園の話は、ねずみ中心。ねずみの話は、人間の近くにいながら、全く馴れ合わない生活をしている、ねずみたちだからこそのバラエティの豊かさでした。

2016/05/16

Yasuko Watanabe

★3

2017/11/22

うろん

お借り本

感想・レビューをもっと見る