読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猫さまとぼく (岩波フォト絵本)

猫さまとぼく (岩波フォト絵本)

猫さまとぼく (岩波フォト絵本)

作家
岩合光昭
出版社
岩波書店
発売日
2004-02-26
ISBN
9784001153569
amazonで購入する

猫さまとぼく (岩波フォト絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

><

初版2004年。表紙にある、岩合さんが地面に這いつくばって、写真を撮られている姿に感動しました。こんなふうに、猫との視線を合わせて、撮影されてるんだ、、。岩合さんの猫大好きっぷりが伺える。こんなふうに、かわいく撮ってみたいな。

2014/07/14

宇宙猫

★★★★★ 岩合さんの写真 & 猫との係わりを書いた自伝のようなフォト絵本。3歳でカメラを持ってる姿が微笑ましい。裏表紙の猫が物凄くかわいいんだけど、初めて飼った海ちゃんなのかしらん。写真集で見るニャンたちとは一味違って素敵。あと、大好きな尾道の山道を歩く親子の写真が人気の写真と知って何だかうれしかった。

2016/07/05

藤森かつき(Katsuki Fujimori)

愛らしい猫の写真は勿論のこと、岩合さん自身の小さい頃や若い頃の写真もあって貴重かも? 空中でバランスをとる子猫の動きも素晴らしい。イグアナと猫が一緒に写っているのは、ちょっと不思議な光景。モロッコの街角の人と猫のシルエットがまるで絵画のような写真が好み。世界各国、日本各地での猫の色々な表情が愉しめる。やっぱり日本の猫と、海外の猫は表情とか体型とか微妙に違うよね。柿右衛門ちゃんのキープする太めの手がいい。鋭い目つきの柿右衛門ちゃん、野性味タップリなのに毛並み綺麗で、しっかりカメラ目線になってる辺り凄いなぁ。

2020/03/07

遠い日

岩合さんの猫との出会いと、猫への愛がいっぱいに詰まった本。いつもTVで岩合さんの猫を撮った番組を拝見しているが、岩合さんと猫たちの間には、こんな歴史があったのかと、今さらながら感動。猫へのリスペクトがひしひしと感じられる。一人の写真家の若き日の思いがリアルで、眩しい。

2015/01/13

る*る*る

近くに来ていた「ねこ展」を見逃したので、こちらで我慢!岩合さんのねことの出会い、仕事の取り組み、奥さんとの出会い。エッセイ。海ちゃん、可愛い♡

2014/01/31

感想・レビューをもっと見る