読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レンヒェンのひみつ

レンヒェンのひみつ

レンヒェンのひみつ

作家
ミヒャエル・エンデ
J. チャペック
Michael Ende
Jindra Capek
池内紀
出版社
岩波書店
発売日
2004-10-27
ISBN
9784001155228
amazonで購入する

レンヒェンのひみつ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小夜風

【図書館】エンデなので凄く期待して読んだのですが、訳文が意図的になのか「ですます調」と「だである調」が混在していて、違和感が気になって物語にすんなり入れませんでした。レンヒェンがワガママ過ぎて何て酷い子だろう!ってイライラしましたが(笑)、終盤の家族で力を合わせて解決法を考えるところは良かったです。

2015/11/28

ヒラP@ehon.gohon

後味の強いブラックユーモア。エンデの本を眺めていたらまた読みたくなりました。笑うことのできない緊張感があります。

2015/11/17

KAZOO

内容は子供向きというよりも万人向きなのでしょう。エンデの本来の物語の感じです。でも読んでいて絵が非常に気になりました。顔が大人か子供かわからないような感じでちょっと気味が悪いような気がしてきます。この物語にはピッタリの感じがしますが、小さい子供は怖がるかもしれません。

2014/03/07

ゆるり

アンリ ルソーのようで、少しコワイ感じの絵。だって6本指の魔女が出てきますから。でも思慮深いお父さんが、頼もしいですね。もしかしたら、小人になる夢は、ご両親が見せた夢かもしれませんね(笑)

2017/08/13

ヒラP@ehon.gohon

口うるさい親がいなかったらどんなにしあわせだろう。 親が自分の思い通りに出来たらどんなに楽しいだろう、 でも、親が本当にいなくなったら、どうなってしまうのだろう。 レンヒェンに逆らうとどんどん小さくなっていくお父さんとお母さん。 軽い気持ちで読み進んでいったら、次第に深刻になってしまいました。 エンデのお話はかなりシニカルです。 チャペックの絵も冷めています。 読みごたえのある一冊。 でも、ハッピーエンドで良かったと思いました。

2013/03/26

感想・レビューをもっと見る