読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ようこそナルニア国へ

ようこそナルニア国へ

ようこそナルニア国へ

作家
ブライアン・シブリー
ポーリン ベインズ
Brian Sibley
Pauline Baynes
中村妙子
出版社
岩波書店
発売日
1992-10-28
ISBN
9784001155259
amazonで購入する

ようこそナルニア国へ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Die-Go

C.S.ルイスの伝記を兼ねたナルニア国物語読解もの。子ども向けに書かれていているため、読みやすい。挿し絵を本編の挿し絵を描いているポーリン・ベインズが担当しているのも嬉しいところ。壮大なネタバレがあるため、ナルニア国物語を一通り読んだ後に読んだ方が良い。★★★★☆

2017/01/27

S順子

図書館本。懐かしいナルニア国物語。指輪物語やゲド戦記は大好きだったけど、ナルニアはイマイチな記憶しか無かった。キリスト教的とか、定評の有る瀬田貞二さんの訳が、いかにも児童文学感が押し寄せて苦手だったり(指輪の訳は大丈夫なんだけど)とか。なのに、この本を読んだらナルニア読んだ事にしても良いくらいの解説本なのに、お話を凄く忘れてる事に気付いて、とても気になってしまった。ナルニア読もうかな。

2020/01/28

psy

ナルニアシリーズを読んだのは遥か昔、この本も多分出た時買って読んでナカタものでしたが、読んでみて、そうそう、こういうお話で、面白かったっけな〜とか思いつつ読了しました。ルイスの伝記的記述もあり、ナルニアの書かれた背景的にも読めて興味深く。そしてイラストがとても素敵。新訳は読んでないのですが、そちらも気になってるとこでした。瀬田訳とどう違うのか。特に固有名詞。

2017/10/23

いづみ

ナルニア国と作者について紹介された本。各話の紹介は「ナルニア国物語」を読んでいない人向けというよりは、全てを読んだ人が懐かしめる内容かと。なんせ最後まで全部話を紹介しきっているので。「深い魔法―ナルニア国物語の意味」の章では、アスランその人についてのある意味で究極のネタバレが…。 描き下ろしの挿絵も嬉しい一冊。

2012/05/24

金木犀

19921028初版  岩波書店  A4判変型・上製・144頁・本文4色

感想・レビューをもっと見る