読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愛蔵版 星の王子さま

愛蔵版 星の王子さま

愛蔵版 星の王子さま

作家
サン=テグジュペリ
Antoine de Saint‐Exup´ery
内藤濯
出版社
岩波書店
発売日
2000-11-15
ISBN
9784001155617
amazonで購入する

愛蔵版 星の王子さま / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころりんぱ

初めて通して読みました。映画を観なかったら、もしかしてこの先も読まなかったかもしれない。あまりにも有名すぎて、なのに知らなくて、なんとなく今さら…と思っていたから。読んでよかったです。キツネの場面「飼いならす」って言葉と、お互いにたった一人と一匹になるっていうところの台詞、離れても、小麦を見たら王子を思い出すって、あぁ、わかっているけど、こんな風に綺麗な場面で書けるんだなぁと。ちなみに映画もその場面好きでした。なんというかな、世界を股にかけ、類い稀な愛され作品になっている理由がわかりました。

2015/12/08

スカラベ

《別訳で再読》ついこの前文庫本で読んだばかりだけど、改めて別の訳者でも読みたくなり別本で再読。この本は実にたくさんのメッセージが詩のようにしたためられている。言葉一つ一つが深くて名言だらけで、今でいえばクールで輝いてる。人間の愚かさやバカバカしさ、いくつものものごとの本質を教えてくれる。人間は友情とか愛とかの絆があって初めて幸せになれることが良くわかる。頻繁に再読するともったいないような気もするので、時間を置いて読みこんでいこうと思う。文庫本だと白黒だった絵が水彩画で彩られていてこれを見れたのも良かった。

2015/02/22

はちてん

深読みせず淡々と読んだ。泣けた。死とか存在とか、とにかく泣けた。大人になって何度か読んでいるが、その都度理屈付けをしていたように思う。必要性はないのに。仏教的な考えがよぎる。やっぱり理屈付けしてしまった。

2016/08/17

Rosemary*

著者の誕生日を教えていただいたので、これを機に読んでみました。童話でありながら、壮大で詩的で哲学的な作品。子供向けという形の中に寓意的要素が散りばめられていて人間にとって大切な愛・心・想像力など目に見えないからこそ大事なものを解いているように感じます。挿し絵と文章がとても合間って不思議な雰囲気も漂う。何度も繰り返して読んでみたい一冊です。

2014/06/30

赤とんぼ

何度目の再読なんだろう?文字も読めない頃から、母にこの本を読んでもらうのが大好きでした。小さな子供の頃に、くりかえし、くりかえし何度も読みました。当時は、うわばみとバオバブが怖くて(笑)あと、バラの花が嫌いでした。王子様のことが大好きだったから(苦笑)大人になって、久しぶりの再読です。「愛する」ことについて描かれた、とても美しい物語だったんだなと思いました。私にも、会って話すことのできない、とても大切な友人がいるので、夜空の星を見つめます。「星があんなに美しいのも、目に見えない花が一つあるからだよ…」

2014/12/08

感想・レビューをもっと見る