読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

リーコとオスカーともっと深い影

リーコとオスカーともっと深い影

リーコとオスカーともっと深い影

作家
アンドレアス・シュタインヘーフェル
ペーター シェッソウ
Andreas Steinh¨ofel
Peter Sch¨ossow
森川弘子
出版社
岩波書店
発売日
2009-04-28
ISBN
9784001156256
amazonで購入する

リーコとオスカーともっと深い影 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

SEI

注意力が高く、しかし、深い才能を持った、知らない道へ行ったりすることのできないリーコが友達のオスカーを救うため大奮闘。表紙の背の高い方がリーコですが、ぽやんとしてそうな人の良さが挿絵からもよく伺えます。訳者はリーコのお母さんが好きなようですが、自分はちょっと……。深い才能という言葉遣いは良いものの、もっとゆっくりリーコと話す時間を持ってもらいたい。

2011/05/23

rie

「深い才能に恵まれている」ことを自覚しているリーコの、明るさ、まっすぐさが印象的。友達のオスカーを助けるために、ありったけの知恵と勇気をふりしぼって奮闘する姿はすがすがしくもあり、その一方で、〈ミスター二〇〇〇〉の正体をめぐる展開はスリリング。いろいろな楽しみのつまった奥深い作品だと感じた。

2015/01/05

にま

記録し忘れ。偶然、出会ったリーコとオスカーの不思議な友情が面白いです。登場人物たちもみな、癖のある面々で、しかも、ミステリー仕立てというのも楽しい。

2010/07/27

rinrin

中盤から面白くなったけど、それまではちょっと退屈

2009/11/28

ポッポ

深い才能と高い才能、二人は仲良し。

2009/06/26

感想・レビューをもっと見る