読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

リーコとオスカーと幸せなどろぼう石

リーコとオスカーと幸せなどろぼう石

リーコとオスカーと幸せなどろぼう石

作家
アンドレアス・シュタインヘーフェル
森川弘子
出版社
岩波書店
発売日
2012-07-28
ISBN
9784001156560
amazonで購入する

リーコとオスカーと幸せなどろぼう石 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

rie

3部作の完結編だからか、ミステリーの要素以上にリーコとオスカーそれぞれが抱える親子の問題や〈ディーフェ93〉の住人たちの人間模様にスポットが当たっていたのが印象的だった。行動範囲の拡大とともにリーコの成長がはっきりと感じ取れたのも大満足。

2015/01/28

北折紗

ベルリンの街を思い浮かべながら。

2013/08/24

sora

高い能力と深い能力を持った子どもたちも ちゃんと成長し幸せになってよかったよかった

2013/02/13

四折

幸せな完結を読んでとても嬉しくなった。1巻からママの深い愛情がリーコを守ってきたけれど、オスカーやポルシェ、そして思いがけず再会した友人とともに、リーコが自らの決意で行動を起こした3巻は、本当にこれまでの友情と成長の結果が現れていてよかった。正面きっての友だちの喧嘩にはドキドキしたし、血の繋がりがあろうとなかろうと家族の形は様々だった。これからも深い才能を持ったリーコと高い才能を持ったオスカーには困難があるだろうが(そしてそれは描かれないが)、乗り切っていけるだろうと信じられる話だった。

2012/09/16

感想・レビューをもっと見る