読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンデルセン童話選 (岩波世界児童文学集)

アンデルセン童話選 (岩波世界児童文学集)

アンデルセン童話選 (岩波世界児童文学集)

作家
アンデルセン
初山 滋
大畑 末吉
出版社
岩波書店
発売日
2003-05-22
ISBN
9784001157123
amazonで購入する

アンデルセン童話選 (岩波世界児童文学集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

マツユキ

子供の頃、アニメ絵本の印象が強いアンデルセンを改めて。文章が美しく、癒されますが、内容は色々。有名な作品では、『おやゆび姫』『皇帝の新しい着物』『みにくいアヒルの子』など。『モミの木』『びんの首』は、始めて。一冊を通して、頼るもののない、小さな者の歩みを見守っている印象を受けました。『人魚姫』、『雪の女王』は、そんなエピソードもあったのか、と面白かったです。

2019/08/03

楽駿

になって読むアンデルセンは、結構違います。子供心を失ったということかもしれませんが、これはまた読み返してみたいです。裸の王様は、やはり珠玉かもしれません。

ヒルデ

小クラウスが当たり屋すぎて笑った

2012/10/05

感想・レビューをもっと見る