読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

くしゃみおじさん

くしゃみおじさん

くしゃみおじさん

作家
オルガ・カブラル
山村浩二
小宮 由
出版社
岩波書店
発売日
2021-07-30
ISBN
9784001160307
amazonで購入する

くしゃみおじさん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chiaki

今年度の市内指定の図書リストから1番気になった1冊。なんともへんてこなストーリー。くしゃみおじさんのくしゃみを浴びれば(!?笑)、うさぎもねこも犬もがちょうもおんどりも、男の子も女の子もみんな自分が自分じゃなくなっちゃう!くしゃみおじさんのくしゃみもバラエティーに富んでてとてもユニーク。笑 低学年さんへの読み聞かせにも盛り上がりそうな1冊。

2022/06/06

ヒラP@ehon.gohon

くしゃみをする毎に、自分の耳が別の動物に移り変わってしまったり、家具が家から飛び出してしまったり、なんともとんでもないおじさんが登場します。 絵があるから、イメージできるのですが、 ちょっと難解なお話です。 結果オーライでしたが、とっぴなおはなしでした。

2022/02/22

ケ・セラ・セラ

砂煙がたち、あたりが見えなくなるほどのくしゃみって、どれだけ大きいんでしょう。いやいや、それだけではありません。おじさんのくしゃみで動物も子どももとんでもないことに。おかしなくしゃみに抱腹絶倒。これ、子どもがマネしそうですね。絵本から児童書への移行期にオススメの愉快なお話。おじさんのくしゃみで、今度は何がどうなっちゃうのか…。

2021/12/25

ツキノ

2021年7月発行。外国のおはなしなので絵も外国の人と思ったら山村浩二さんでした。おじさんのくしゃみのおかげで諸々入れ変わってしまった動物たちがおじさんを探し当てる。くしゃみをするときへんなことばをいっちまい、おかしなまほうがかかっちまうんだな、とおじさんは分析。はなに「こしょうをふりかけろ」…けっこういいおじさんだ。(E240)

2021/09/23

おはなし会 芽ぶっく 

1年生ブックトーク授業【夏休みおすすめの本】 小学校生活にも慣れてきた1年生。学校図書室では好きな本(絵本中心)を借りているので、私からのおすすめは幼年童話中心にしました。国語の教科書で縦書きに慣れた子もいるので、横書きと縦書きの本を用意。こちらは縦書きです。 元に戻れるかしら?

2022/07/19

感想・レビューをもっと見る