読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

翻訳の思想 (日本近代思想大系)

翻訳の思想 (日本近代思想大系)

翻訳の思想 (日本近代思想大系)

作家
加藤周一
丸山眞男
出版社
岩波書店
発売日
1991-09-30
ISBN
9784002300153
amazonで購入する

翻訳の思想 (日本近代思想大系) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とんこつ

加藤周一『明治初期の翻訳――何故・何を・如何に訳したか』を読了。明治初期における西洋智の翻訳運動はどのように行われたのか。そこには中国からの漢字の輸入、江戸時代の蘭学の輸入のそれぞれの経験が元になっていること、そして西洋と日本がともに「歴史的な社会」であったことが大きいと加藤は指摘する。西周などを例に具体的な翻訳実践の状況についても言及されるが、明治期の徹底した翻訳主義とは違い、カタカナ語が反映する今日の状況を思うと、日本語そのものがひどく損なわれていること、日本と東洋の距離が遠くなっていることを感じた。

2018/06/26

感想・レビューをもっと見る