読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

M/Tと森のフシギの物語 (同時代ライブラリー)

M/Tと森のフシギの物語 (同時代ライブラリー)

M/Tと森のフシギの物語 (同時代ライブラリー)

作家
大江健三郎
出版社
岩波書店
発売日
1990-03-09
ISBN
9784002600017
amazonで購入する

M/Tと森のフシギの物語 (同時代ライブラリー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モリータ

◆『同時代ゲーム』を、語りの内容(森に伝わる歴史・神話)の大筋を同じくし、語りの方法(語り手の属性、語る相手・場面など)を変えてリライト。語り手はより作者に近い人物。語り手を取り巻く人物も、架空性が強く異様な造形の父や兄弟ではなく、(後期作品と共通する)語り手の母や子ども。双子の妹に対する語りかけ、メキシコや劇団といった語りの場面はなく、読者に対する作家のシンプルな視点での叙述。物語を語り手に伝えるのは、本作においては父=神主ではなく、祖母=M。物語内の登場人物のマッドさも緩和されている(中隊長とか)。

2021/05/07

斑入り山吹

ですます調がちょっとつらかった。丁寧に作りこまれていて良くできている話だと思うが、残念ながらわたしの好みではなかった。「木から降りん人」って、イタロ・カルヴィーノの「木のぼり伯爵」から着想を得たのだろうか?童子は銘助さんの子ではないのか?という疑問は誰しも持つと思うけれど、そこに触れないのがうまいと思った。あの隠れ里の伝統は消えてしまうのだろうか、と寂しい気持ちの余韻で話が終わる。

2011/01/08

げんげ

昔話が歴史になり現在へとつながっていく。トトロやもののけも森のフシギ。

2009/11/27

感想・レビューをもっと見る