読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

江戸川柳 (同時代ライブラリー (335))

江戸川柳 (同時代ライブラリー (335))

江戸川柳 (同時代ライブラリー (335))

作家
渡辺信一郎
出版社
岩波書店
発売日
1998-02-16
ISBN
9784002603353
amazonで購入する

ジャンル

江戸川柳 (同時代ライブラリー (335)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kenitirokikuti

図書館にて。先に破礼句に関する本を読んでしまったが、これは古川柳の概説書である。享保の改革の徳川吉宗のあとに江戸川柳が起こり、田沼時代と対応するように発達し、松平定信の寛政の改革になると言論統制が入って狂句になる(初期北斎が少し参加している)。版元の自主規制により「役人の子はにぎにぎをよく覚え」が削除されていたりする。公議はリアルタイムでの政治批判を禁じていたが、田沼意知の殺害については一年も経たぬうち揶揄する句が登場している。

2021/10/16

kayoshi

★★・・・

2002/11/27

感想・レビューをもっと見る