読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フォト・ドキュメント 骨の戦世(イクサユ)――65年目の沖縄戦 (岩波ブックレット)

フォト・ドキュメント 骨の戦世(イクサユ)――65年目の沖縄戦 (岩波ブックレット)

フォト・ドキュメント 骨の戦世(イクサユ)――65年目の沖縄戦 (岩波ブックレット)

作家
比嘉 豊光
西谷修
出版社
岩波書店
発売日
2010-10-28
ISBN
9784002707969
amazonで購入する

フォト・ドキュメント 骨の戦世(イクサユ)――65年目の沖縄戦 (岩波ブックレット) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

頭蓋骨から始まる。カラー写真は屍が多い。気が滅入るが、これが沖縄の現実。米軍が返還後も半植民地のような状況で、随分と沖縄の住民には酷い仕打ちをしてきた。ヴェトナム戦争では、沖縄は前線基地と化し、爆撃機が飛び立った(52頁上段)。沖縄の現実を直視できようか。移設ではなく、軍縮が正しい方向性。だが、政府も先送りで、矛盾を押し付けるだけでは好転しないであろう。

2014/03/07

love_child_kyoto

これはすごいドキュメント

2010/12/28

cino

これは必読。

2017/02/12

感想・レビューをもっと見る