読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新版 死刑廃止を考える (岩波ブックレット NO. 1040)

新版 死刑廃止を考える (岩波ブックレット NO. 1040)

新版 死刑廃止を考える (岩波ブックレット NO. 1040)

作家
菊田幸一
出版社
岩波書店
発売日
2021-02-09
ISBN
9784002710402
amazonで購入する

新版 死刑廃止を考える (岩波ブックレット NO. 1040) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

世論の支持をどう考えるか 死刑は凶悪犯罪防止になるか 死刑は被害者感情を癒やすか 誤判・冤罪は避けられない 日本国憲法は死刑を認めているのか なぜ国連は死刑廃止を求めているのか 死刑に代わる刑罰はあるのか

2021/03/16

ナンスー

???

2021/03/24

アン

死刑廃止に賛成の検察官、刑務官側の生の意見が聞きたいですね。本著ではただただ世界の流れと憲法上の意見合憲かとかしか書かれていないので、、、あと、死刑廃止国で凶悪事件の被害者となってしまった方々の声なども気になるところです。被害者の感情という面が廃止へのネックになっていると思うので。日本人が無宗教であることも関係あるのかな。心の拠り所がないから法で裁いてもらうことを望むのか🤔

2022/02/06

あさこ

死刑廃止について理解したくて読んでみた。被害者遺族の心情を思うと…ちょっと私にはしっくり来ない内容もあった。明らかに冤罪ではない場合もあるし…一概に廃止を良しと思えなかった。

2021/12/29

ナポレオン井上

国家が個人の命を奪うのには反対だけど、もし被害者当事者になったら、加害者に対して死をもって償ってほしいと思いますよね。難しい問題。

2021/06/28

感想・レビューをもっと見る