読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

武道伝来記 (岩波文庫 黄 204-7)

武道伝来記 (岩波文庫 黄 204-7)

武道伝来記 (岩波文庫 黄 204-7)

作家
井原西鶴
出版社
岩波書店
発売日
1967-04-16
ISBN
9784003020470
amazonで購入する

武道伝来記 (岩波文庫 黄 204-7) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

西鶴の武家ものの初作。いずれも敵討ちを主題とした、32の掌編から成る。また、題材を広く全国各地から取っているので「諸国噺」的な要素も見られる。町人である西鶴が武士道の理想を描こうとした時、敵討ちにこそその本義を求めたのだろう。彼らはあくまでも「義」のためにそれを遂行するのだが、それが西鶴によって書き留められた時、たとえ「是武士の本意、かくあらまほしき事なり」と賞賛されようとも、そこに虚しさは付きまとう。また、ここでのもう一つの大義は衆道だ。文字通り、念友のためなら命も投げ出す覚悟が常に求められているのだ。

2014/06/24

うえ

「③椿井民部が、江戸の浅草寺町近くの借座敷の門前で、仇討が行われた時、塀越に、声援だけして、助太刀はしなかったとある…④化物の正体は、火燵の櫓の中にもぐっていて、櫓を持ち歩いた犬であったという…夜咄の際に、雪隠の中にひそんでいた「やせたる白犬」を化物と勘違いして、おっとり刀の武士が雪隠の戸口に立って、「何者成るぞ正体あらはし候へ」と、高声にののしったところが、件の白犬が「よろよろ出でていにける」とある。そこで「諸人興さめて言ふべき言の葉もなかりけるこそ、さてさて笑止千万成りけると語られし」とある」

2018/12/06

牛歩

ある意味BLネタの宝庫かも。

2009/07/20

感想・レビューをもっと見る