読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

芭蕉紀行文集―付嵯峨日記 (岩波文庫 黄 206-1)

芭蕉紀行文集―付嵯峨日記 (岩波文庫 黄 206-1)

芭蕉紀行文集―付嵯峨日記 (岩波文庫 黄 206-1)

作家
松尾芭蕉
出版社
岩波書店
発売日
1971-11-16
ISBN
9784003020616
amazonで購入する

ジャンル

芭蕉紀行文集―付嵯峨日記 (岩波文庫 黄 206-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

4つの紀行と「嵯峨日記」を収録。「野ざらし紀行」は、紀行とはいうものの、やや長めの詞書を付した発句集といった趣き。もっとも「野ざらし紀行」は通称で芭蕉自身がそう名付けたわけではないが。冒頭の句もいいが、やはり最も目を引くのは「猿をきく人すて子にあきのかぜいかに」だろう。「海くれて鴨の聲ほのかに白し」他、名句の宝庫。「笈の小文」も中盤では息切れするものの、冒頭と末尾には芭蕉の強い意気込みが感じられ、ことに「風雅」を標榜するあたりには芸術観と俳諧にかける覚悟が見受けられる。句は「行春に…」か「若葉して…」か。

2017/07/13

広瀬研究会

「百骸九竅(ひやくがいきうけう)の中に物有」という『笈の小文』の序文に惹かれて読みました。正直しろうとには手の負えない内容だったけど、芭蕉の芸術の片鱗をほんの少しだけ味わえたかもしれないな。

2019/05/02

うた

『おくのほそ道』と比べると構成は練り込み不足だが、風狂の精神の起点になっているのがよくわかる。貧さの肯定、清貧とはまた違って、芭蕉の態度はそもそも貧さを出発点にしていないと思う。手持ちのもので十分に楽しむ姿勢というか、流転しながらも緩やかに現状を肯定しているというか。…なんか堀江さんみたいな物言いになってしまった(笑)。

2012/03/25

Jun Shino

「笈の小文」がいい。芭蕉の紀行文は面白みと交友の豊かさと、わび、が盛り込まれている。 「野ざらし紀行」「鹿島詣」「笈の小文」「更科紀行」「嵯峨日記」が収録されている。旅の細々した出来事や多くの門人たちとの触れ合い、土地の風情を描き、芸術論もある。決めどころで俳句、というのはずるいくらい恰好いい。 「おくの細道」はひとつの出来上がった芸術品。こちらは小品の集まりで有名な句も少ない。しかしやはりものすごく歩き回っているし、底流に流れるものはよく似ている。独特の芸術論もしっくりきて、いい読み物だった、

2019/04/25

ダージリン

最近、深川の芭蕉記念館、芭蕉稲荷に行く機会があり、紀行文を読んでみることに。「野ざらし紀行」、「笈の小文」、「更級紀行」などが収められているが、どれも思ったより短かく意外な気がした。俳句の素養はないが硬質で侘び寂びある雰囲気は味わい深い。更級紀行の「俤や姥ひとりなく月の友」などは特に良いなと思った。

2016/09/23

感想・レビューをもっと見る