読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青年 (岩波文庫 緑 5-4)

青年 (岩波文庫 緑 5-4)

青年 (岩波文庫 緑 5-4)

作家
森鴎外
出版社
岩波書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784003100547
amazonで購入する

青年 (岩波文庫 緑 5-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひろゆき

田舎から上京した文学志望の青年が筆をとるまでの二ヶ月の体験。作家たちとの邂逅、論議を通じての文学観の変転が一つの柱で、もう一つは女性との交際、ふれ合いが柱。その二つが合わさって、青年は祖母から聞いた伝説を書こうと決意する。美男の設定で、うらやましくも、またたくまに未亡人と関係を持ち苦悩、最後は幻滅に至るのが筋らし部分で、ほかは芸術論と脇役に登場するの女性達の観察描写が続くが、さすが鴎外、退屈しません

2012/09/19

shishi

[A-]

2009/08/21

agri

上京した文学青年の志の変遷

2009/06/12

感想・レビューをもっと見る