読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

みれん (岩波文庫 緑 6-3)

みれん (岩波文庫 緑 6-3)

みれん (岩波文庫 緑 6-3)

作家
シュニッツラー
森鴎外
出版社
岩波書店
発売日
1985-05-01
ISBN
9784003100639
amazonで購入する

みれん (岩波文庫 緑 6-3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

「何事をも考へるのが厭である。過去の事も思はず、未来の事も思はずに、何時間もぼんやりしてゐる」(117頁)。さすがに、そのような鬱病の症状はない。読書して常に考えていれば、そんな事態にはならないと思うんだが。

2014/01/16

gollum

「こゝへなら人の喜んでどなる聲なんぞは聞こえない。ここなら寂しくしてゐられるのだ。己達はこんな所にゐなくてはならないのだ」まあ、死を目前に恋人の女の存在にすがる男のなんと傲慢であわれなこと。ダメな男を自分に重ねてしまい、自分の最後は奥さんにやさしくしよう、と思う。小島政二郎さんの解説のとおり、シュニッツラーをもっともっと読みたくなった。学校の図書室の鴎外全集に、小島さんが紹介している鴎外訳の殆どはあった。「アンドレアス・タアマイエルが遺書」の鴎外訳は青空文庫から、とりあえずKindle にダウンロード。

2013/11/08

いなお

一年後に死ぬだろうと医者に言われた男と「あなたなしでは生きてゆけないわたしも一緒に死ぬ」と言った女を描いたもので、話自体はまあそうなるよね、といった感じだけれども心理描写が本当に良かった。/他のシュニッツラーの本(『夢小説・闇への逃走』『花・死人に口なし』)は岩波の赤であるのにこれだけ森鷗外が訳したからか緑から出ていることだけが唯一気に入らない点だ。

2014/07/20

Avis

岩波文庫シュニッツラー3連発。この話はとてもおそろしゅうございました。

2012/03/21

香魚

余命短い男と「最期まで付き添う、一緒に死ぬ」と誓った女のお話。日が経つにつれ、徐々に変化してゆく二人の気持ちがとてもリアルです。まぁそんな物ですよね…。

2010/07/06

感想・レビューをもっと見る