読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

子規歌集 (岩波文庫)

子規歌集 (岩波文庫)

子規歌集 (岩波文庫)

作家
正岡子規
土屋文明
出版社
岩波書店
発売日
1986-03-17
ISBN
9784003101339
amazonで購入する

子規歌集 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

正岡子規の歌をまとめて読むのはこれが初めてだった。古語が多く使われているので、やや読みにくいが文脈から意味は類推できる。写生に徹した歌が多くて、まっすぐで力強い印象を受けた。それでも写生にこだわり過ぎて、普通の散文のようになっている歌もある。友人や弟子たちにあてた歌は、挨拶として読めるのだがユーモラスな内容のものや寂しさを表現したものもあって、生身の人間としての子規を感じることができた。

2015/03/15

壱萬弐仟縁冊

病中一首。「夜毎夜毎 初夜打つ頃を 左(ひんだり)の足 いたみいでて 時鳥(ほととぎす)なく」(24頁)。他の岩波文庫でも子規は病中で いろいろと文化活動をしていたと思うので、痛みに耐えて、自分の声を鳥に代弁させていたかのような印象をもった。「露國に行く人に一首」で、「木曾山の 山の峡(かひ)より 我行けば 笠の端(は)わたる 五月雨の雲」(28頁)。「日暮里村諏訪神社」で、「村つづき 青田を走る 汽車見えて 諏訪の茶店は すずしかりけり」(40頁)。 

2014/07/18

kaizen@名古屋de朝活読書会

明治十五年 壬午の夏三並うしの都にゆくを送りて 隅田川堤の櫻さくころよ花のにしきをきて帰るらん に始まる。 今昔秀歌百撰では68番に選ばれている  獄中の鼠骨を懐ぶ くろがねの人屋(ひとや)の飯(いひ)の黒飯(くろいひ)もわが大君(おおきみ)のめぐみと思へ なお、同じ文脈で 四月十四日(鼠骨の出獄を祝す) くろがねの人屋をいでし君のために筍鮓をつけてうたげす 鼠骨入獄談 くろがねの人屋の門をいでくれば桃くれなゐに麦緑なり がある。

2013/04/21

てんちゃん

やっと、読み終えた…。古語が多く、どこで言葉を区切ったら良いのかさえも分からない歌が多くて…。自分の国語力の無さを痛感(T-T) でも、がんばって一冊読んで見えてくるものもある。病で床に臥せった暮らしだったからこそ、人との繋がりを大切にし、床から見えるガラス戸越しの牡丹や山吹を丹念に観察し、思いを寄せる細やかな心模様。病床にあっても、そこから広がる精神活動は無限大。夭折した歌人の功績の大きさに垣間ふれることができた。

2015/09/06

双海(ふたみ)

「甕にさす藤の花ぶさ花垂れて病の床に春暮れんとす」甕にさす・・・の歌が複数ある。ぐうたら本を読む。読書は悪徳なのかもしれない。

2017/09/17

感想・レビューをもっと見る