読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

伽羅枕 (岩波文庫)

伽羅枕 (岩波文庫)

伽羅枕 (岩波文庫)

作家
尾崎紅葉
出版社
岩波書店
発売日
1955-07-05
ISBN
9784003101469
amazonで購入する

伽羅枕 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

文吾

★★★/図書館本。初読み作家様でしたが、私が読めない本だった。面白そうで楽しみにしてたから、とても残念。どなたか現代の言葉にしてくれたらいいのに。あとやっぱり漢字が読めなかった。読みがなも結構ふってあるけど、ほぼ壊滅的に読めませんでした。明治23年の作品だそうです。「祇園に生まれて島原に売られ、江戸は吉原にその名を謳われた佐太夫の物語」あらすじより。読めなかったけど記録しておく。

2016/06/14

マカール

主人公の佐太夫が、吉原を舞台に女傑さながら男をあしらう一代記。伽羅枕は長編というよりも、個々の小話をつなぎ合わせた短編集だ。というのも、紅葉はある老女の実話を基にしてこの小説を書いたからである。それ故にそれぞれの話の関係性は薄いけれど、とても実話とは思えぬほど物語としての迫力を持ち、人情を帯び、魅力に満ちた小説になっている。文章も軽快で、個人的に紅葉の作では『金色夜叉』に次ぐ傑作ではないかと思う。ただ欠点は中身が濃すぎるせいで、中々読み終わらないことだ。読了した時には、主人公の幼年時代が文字通り昔のよう。

2013/02/21

echelon

おもしろかった。

2017/05/07

Helmenov

江戸遊女の粋と侠。文体が醸し出している。

2008/10/31

ともも

明治23年読売新聞の連載小説。京は祇園に生まれ、流れついた吉原で佐太夫となる「お花」の物語。道中「左右には番新佐山春日野おのおの姿を粧りて」番新は番頭新造のことか。佐山春日野って相撲みたいね。後ろは「魂魄脱殻(たましひぬけがら)の士農工商ぞろぞろ」あはは。

2019/07/11

感想・レビューをもっと見る