読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

破戒 (岩波文庫)

破戒 (岩波文庫)

破戒 (岩波文庫)

作家
島崎藤村
出版社
岩波書店
発売日
2002-10-16
ISBN
9784003102329
amazonで購入する Kindle版を購入する

破戒 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

川越読書旅団

自身の出自を隠す事で、教育者として世間からの少なからぬ評価を受ける現実。その胸に去来する罪悪感、薄氷を踏む思い、社会に対する憎悪、そして焦燥、自然主義文学を象徴する見事なまでの情景描写を通じ、藤村自身の文学人としての思いを赤裸々に伝える近代文学作品の金字塔。

2021/06/20

カブトムシIF

書きおろしで、明治39年3月自費出版。未解放部落出身の青年教師瀬川丑松は、生まれを「隠せ」という父の戒めを守って生きてきた。しかし、先輩の思想家猪子蓮太郎の孤独な戦いを知り、老朽教師の風間敬之進の娘お志保の薄幸な身の上にも心を痛める。社会の不合理と不正を糾弾し、テロに倒れた蓮太郎の死を見て、告白を決意をする。生徒の前で秘密を打ち明けた丑松は、テキサスに新天地を求めて旅立つ。出発の日、生徒たちに交じって見送るお志保は、いつか丑松の妻となるべきひとだった。市川雷蔵主演の映画があった。猪子を三國連太郎が演じた。

2021/01/04

若布酒まちゃひこ/びんた

自然主義文学というか、いかんせんこの類の小説はむかしから苦手で、歳をとれば読めるようになるだろうとおもっていたけれど、まだぼくにとって興味深く読めるものではなかった。

2016/02/21

oz

再読。『破戒』の世界では学問による立身出世が穢多への差別脱却の術である。しかしそれには東京の高等師範学校を卒業するという高度な条件をクリアしなければならない。晴れてそれを成し遂げ、近代的な教師の地位を手にした瀬川丑松だったが「破戒」を回避するためには、終わりなき立身出世の道を辿らねばならないことを知る。そしてそれは旧態依然とした信州の地で、生徒たちが身に着けた先祖からの因習を「破戒」し続ける事でもあった。四民平等を教えつつ、自身の出自を隠す瀬川丑松の態度は福沢諭吉的な近代的教養主義への反(アンチ)となる。

2015/11/11

カブトムシIF

私は文学史を勉強している人間です。島崎藤村の「破戒」は、活字で読んでません。本は所有しています。映画の「破戒」は、2度ほど見た記憶があります。市川雷蔵主演のものでした。「千曲川のスケッチ」や「夜明け前」もダイジェストの朗読テープを聞いています。映画だけ見た作品も多いです。谷崎潤一郎の「卍」や「鍵」などです。活字と映画の両方を見て、思い出深いのは、「細雪」です。太宰治の原作の映画は、活字も読み、映画も見ています。なかなか人気がないと、映画にはなりません。太宰の作品は、今でも活字で読まれ続けているのは、凄い。

感想・レビューをもっと見る