読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本橋 (岩波文庫 緑 27-7)

日本橋 (岩波文庫 緑 27-7)

日本橋 (岩波文庫 緑 27-7)

作家
泉鏡花
出版社
岩波書店
発売日
1953-12-05
ISBN
9784003102770
amazonで購入する

日本橋 (岩波文庫 緑 27-7) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

面白かったです。刹那的で儚くもまばゆい場面が続きます。肉欲的恋愛観が描かれているせいか、艶やかでした。紅橙の巷を舞台に、自分の愛情のあり方を、そこの女性たちに写し込む。女性につきまとう変態的な要素なども織り込まれているので、グロテスクな描写もないとは言えません。それでも美しい情緒的な雰囲気は鏡花でないと出せない味わいがありました。

2016/09/08

ヒロミ

20年ぶりに鏡花マイブーム到来。おもしろかったです!興奮!あまりに典雅な文体ゆえ当初は5W1Hがわからずきょとんとしてしまいましたが、目が慣れてきて一気読み。清葉姐さんが好きですが、お孝さんも切ないです。途中、ツンデレ美女(お孝)が特に取り柄のないフツメン(葛木)に迫るというラノベのような展開になりマジか…と思いましたが後半の怒濤のような展開には息を飲みました。これは舞台映えしますね。しかしけっこうグロい描写も多く、この物語は鏡花以外の人が書いたらかなり通俗的になるなあと鏡花の紙一重の筆力に感服しました。

2016/07/11

メタボン

☆☆☆★ 名文を味わった。しかし、話の筋は理解できたとは言い難かった。主語述語がはっきりとしない語り口なので、出来事がすんなりと頭に入らないこともある。どちらかというと「舞台」の台詞回しだと思って読むと、少し理解しやすいように感じた。されど、お孝の人物像が今一つ腑に落ちなかったため、やはり再読が必要と思った。

2017/12/10

シュラフ

関東大震災前の1914年の作品というから大正時代とはいえ江戸の街の風情とか人々の人情を100年後の我々が楽しむという意味ではいいだろう。だが正直な感想を書かしてもらうと、わたしには違和感が残る作品。葛木に対するお孝の愛情の深さは分かるのだが、そもそもお孝はつきあっていたはずの赤熊を捨てている。妻子を捨ててまでお孝にぞっこんの赤熊にすれば"それはないよ"と言いたいところだろう。悲劇的な結末はお孝の自業自得である。花柳界においては田舎者で不粋な赤熊の愛は滑稽なものということなのか。なんだか嫌な感じが残った。

2016/06/08

いりあ

泉鏡花が1914年に発表した戯曲。"婦系図"と並び新派古典劇の代表作の一つ。1956年に溝口健二監督、1956年に市川崑監督により実写映画化されています。鏡花の作品は文語体で書かれており、最初のとっかかりがつかみにくいです。また、本文庫は旧字体が使われており、余計に敷居が高くなってしまいます。しかし、その苦労の先にある物語の面白さは格別です。多少苦労しても読んでよかったと思えます。本作は、草迷宮などに代表される幻想文学ではなく、花柳界を舞台にした色恋沙汰の話です。登場人物の持つ迫力や妖艶さにしびれます。

2013/02/02

感想・レビューをもっと見る