読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風流懺法―他三篇 (岩波文庫)

風流懺法―他三篇 (岩波文庫)

風流懺法―他三篇 (岩波文庫)

作家
高浜虚子
出版社
岩波書店
発売日
1934-07-30
ISBN
9784003102848
amazonで購入する

風流懺法―他三篇 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

L.A.ANTIOCHIA

懺法と言うのは懺悔する際に行う儀式の作法を表す仏教用語で、"風流懺法"と題しただけあって情景が淡々として且つ繊細な味わいを深く残している。日本的風土に特有な人と人との関わりの中に見出される幽玄性や侘び寂びの色が濃厚なタッチで描かれ、見事にも淡い情景と適合して傑作に成り上がっている。夏目漱石は『小坊主の運命がどう変ったとか、どうなって行くとか云う問題よりも妓楼一夕の光景に深い興味を有って、其光景を思い浮べて恋々たるのである』と述べており、こうした虚子の文に内在する『日本的なるもの』にとても心を打たれた。

2018/04/04

感想・レビューをもっと見る