読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

虚子五句集 (上) (岩波文庫)

虚子五句集 (上) (岩波文庫)

虚子五句集 (上) (岩波文庫)

作家
高浜虚子
出版社
岩波書店
発売日
1996-09-17
ISBN
9784003102855
amazonで購入する

ジャンル

虚子五句集 (上) (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

双海(ふたみ)

学生時代から虚子が好きでした。先に下巻を読んでいましたが、今回ようやく上巻が手に入ったので読んでみました。やはり、いいですね。「そのまゝに君紅梅の下に立て」・「よりそひて静なるかなかきつばた」・「なつかしきあやめの水の行方かな」

2017/08/18

HANA

以前子規の俳句を読んだ時にも感じたが、本当に一コマを切り取るのが上手い。ただ写真と違うのはその時点での香り、味、そして心理といった物も俳句の中に読み込んでいる点。現代の俳句には疎い身としては、ここからどのように変わっていっているのかも気になった。

2010/10/13

押さない

霜降れば霜を楯とす法の城・年を以て巨人としたり歩み去る・木曽川の今こそ光れ渡り鳥・夏の月皿の林檎の紅を失す・蚊の入りし声一筋や蚊帳の中・落花のむ鯉はしやれもの髭長し・紅海の莟は固し言わず・虹立ちて雨逃げていく広野かな・一夜明けて忽ち秋の扇かな・雪の果これより野山大いに笑ふ・寒といふ時に金石の響きあり・まろびたる娘より転がる手鞠かな・頭にて突き上げ覗く夏暖簾・苞割れば笑みこぼれたり寒牡丹・爽やかにあれば耳さへ明らかに

2017/02/08

豆ぐみ

上巻は『五百句』『五百五十句』『六百句』の3句集をおさめる。自分で俳句を詠みはじめるまで、虚子がこんなに近代俳句の巨人とは知らなかった。『五百句』が文庫で読めるのはたいへんありがたい。

2014/06/24

charlie_

海に入りて生まれかはろう朧月(m29)、春の夜や机の上の肱まくら(m33)、天の川のもとに天智天皇と臣虚子と(t6)、流れ行く大根の葉の早さかな(s3)、倏忽に時は過ぎ行く秋の雨(s8)、戻り来て瀬戸の夏海絵の如し(s11)、マスクして我と汝でありしかな(s12)、もの置けばそこに生まれぬ秋の蔭(s13)、手毬唄かなしきことをうつくしく(s14)、水打てば夏蝶そこに生まれけり(s16)。

2011/10/16

感想・レビューをもっと見る