読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

つゆのあとさき (岩波文庫 緑 41-4)

つゆのあとさき (岩波文庫 緑 41-4)

つゆのあとさき (岩波文庫 緑 41-4)

作家
永井荷風
出版社
岩波書店
発売日
1987-03-16
ISBN
9784003104149
amazonで購入する

つゆのあとさき (岩波文庫 緑 41-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コットン

昭和初期の女給として奔放に生きる君枝の妖婦っぷりが凄い。

2020/03/28

mitu

季節感があってタイトルがとても良いです。正味140頁の小品なのに、昭和三、四年頃の銀座のカッフェーの女給たちと、そこに出入りする男達の盛衰が賑やかにかつ細部までリアルに繰り広げられます。彼女達の暮らしを成り立たせている脇役が実に見事に描かれて、うっとおしいくらい訳知りの老婆が経営する食事・掃除・伝言付きの貸間、窓から呼べば肴を仕出す魚屋、酒屋、円タクなど様々な業種が有機的に働くことで歓楽街が成り立っていることがわかります。時代考証など不要な荷風でなければ絶対に描けない歓楽の仕組みが、⇒

2021/10/03

いたろう

昭和初期の銀座のカフェーの女給、今で言うとクラブのホステスか。男性との関係は多いが、恋愛ではなく、嫉妬という感情を知らない主人公・君江と自由奔放な君江に翻弄される男たちの性〈さが〉。店に売られて身を売る女性、男に囲われる女性、女性が男の隷属物だった時代から、女性が自分の意思で男を選ぶ時代へ。カフェー通いをしていた荷風翁らしく、女給をはすっぱだが強い女性、昭和の新しい女性像として、生き生きと描いている。

2016/01/26

テディ

女給の君江と彼女を取り囲む男達。清岡は、新聞記者にゴシップを伝えたり、後輩を使い君江に嫌がらせを行う。清岡以外にも松崎、矢田とも入れ替わり立ち代わり関係を持つ君江。ある日、君江はタクシーから落とされ怪我を負いカフェーを休む。そして傷が癒えた後、友人の京子の元妾で刑に服していた川島と再会し、自宅に呼び一夜を過ごす。朝起きると君江宛ての感謝の気持で綴られていた遺書が残されていた。主義、主張、思想の代わりに「ありのまま」の奔放の形態を示すのが耽美主義の立場ならば、君江の生き方は神秘主義とも相通じるのであろう。

2015/11/04

クプクプ

面白く、集中して読めました。主人公の君江が魅力的でしたし、男好きの君江の噂が広まるというのが現代と重なり引き込まれました。場面場面で当時の映像が頭に浮かびました。また後半のセリフがつづく場面も心地よかったです。一度では登場人物が把握しきれないので繰り返し読むべき本だとお思いました。私自身、いつもの日常と異なる高揚感に包まれて読んだので、短い本ですが永井荷風らしさが存分に発揮された、ただならぬ本だと思いました。

2018/10/08

感想・レビューをもっと見る