読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新編 みなかみ紀行 (岩波文庫)

新編 みなかみ紀行 (岩波文庫)

新編 みなかみ紀行 (岩波文庫)

作家
若山牧水
池内紀
出版社
岩波書店
発売日
2002-03-15
ISBN
9784003105221
amazonで購入する Kindle版を購入する

新編 みなかみ紀行 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

NAO

ちょっと時間ができたら、ふらりと旅に出る。ちょっと金に余裕ができると、足がむずむずする。時間も金もなくても、その日の気分で、汽車に飛び乗ってしまう。牧水はそんな人だった。行き先が決まらぬままの旅も多かった。ふらりとその場の雰囲気で駅を降り、ただ当てもなく歩いた。行き先が決まっていても、日程が詰まっていても、景色に誘われて足を止めたり、寄り道したりした。とらわれないその行動は自由で、ただ自然と温泉と酒を愛した。放浪の歌人、若山牧水。誰にでもはこんな旅などできないからこそ、彼の紀行文は憧れとなり、夢となる。

2016/11/18

ご飯ライス@へんじがないただのしかばねのようだ

山中を気の向くままに歩いて歩いて歩く。踏み分け道とわずかな鉄道だけがインフラの時代の、時間と空間の広さ、その中での離合集散の貴重さ。

2016/11/15

hirayama46

若山牧水の紀行文集。いかにも気まぐれなところが旅の歌人っぽくて良いですね。とりあえず酒、というノリもらしいですね。おまけ的に収録されている、旅を主題にした詩も好き。素朴な味わい。

2019/04/30

アトレーユ

たまに読みたくなり、読むとでかけたくなる。牧水さんが、関東近郊に出掛けた紀行エッセイ。その土地を知ってるから、楽しさも倍増、なのもあるが。子規の「病状六尺」も、患って寝ている子規の大食漢ぶりがアホっぽくておもしろいが牧水も全く高尚さを微塵もみせず(笑)「酒をくれ」ととなり村(って峠1つ越えますよ…)まで買いにいかせバスに乗り遅れ、徒歩で強硬突破…も、遭難しそうになりくじけそうになる。貴殿はアホでいらっしゃいますか?と、つっこみたくなる。このおバカさん加減が堪らなくおもしろい。

2014/12/31

ちゃせん

美しい自然描写や行き先で出会う人々、同行する友人、酒と、牧水らしさがいたるところに感じられて非常に楽しく読めた。

2017/06/25

感想・レビューをもっと見る