読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

波 (岩波文庫 緑 58-1)

波 (岩波文庫 緑 58-1)

波 (岩波文庫 緑 58-1)

作家
山本有三
出版社
岩波書店
発売日
1943-09-30
ISBN
9784003105818
amazonで購入する

波 (岩波文庫 緑 58-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

すごく端正な文体とドラマチックな展開。読み始めから全く飽きさせなかった。ありがちではあるが、結婚や不倫、子育てなど、いつの時代も変わらない問題を取り上げ、直球勝負な、小説の見本だと思わせる作品。主人公はまじめだが優柔不断っぽく、最善をつくしたつもりでも、思うようにはならない。タイトルの意味がラスト10ページ近くで明かされ、なるほどそういう意味だったのか、と。

2017/05/14

まりこ

恋愛、教職、子供、色んな事があるが、行介がいい人で哲学的に色んな事を考える。時代も昭和初期の古さ、貧しさと豊かさがいい感じ。会話が良い。自分の子供でないかもしれない苦悩から、子供は社会の子供という思いにたどり着く。

2017/05/01

本野 杜蔵

家族とは…ふと考えさせられる小説です。

2014/04/29

Yumi Ozaki

DNAなんてなかった昔は母親でさえ子供の父親が誰なのかさだかでない場合があった。子供が本当にかわいそうだし、父親も・・・。読みやすい文体でストーリーもおもしろかったです。

2021/07/10

Lieu

この作家は道学先生だと誤解していたが、思えばシュニッツラーの訳者である。だまされたと思って読んでみたら非常に面白かった。最初の方、貧しい教え子を何とか救ってあげようとするくだりは白樺派臭がするのだが、そこからの展開が劇的である。亡き妻の産んだ子は、本当に自分の子なのだろうかという疑心暗鬼に苦悶しながら生きる。主人公は、インテリで、いかにも学校教師らしくはあるのだが、女への弱さやずるさのようなものがあり、中々憎めない。そして女たちがなかなか魅力的である。

2020/02/17

感想・レビューをもっと見る