読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫)

恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫)

恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫)

作家
菊池寛
出版社
岩波書店
発売日
1970-12-01
ISBN
9784003106310
amazonで購入する

恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Willie the Wildcat

泥臭く生きる中で見出す「生」。”晒す”『三浦右衛門の最後』と『形』、対照的に”悟る”『恩讐の彼方に』と『忠直卿行状記』そして『俊寛』。心情変化の過程に垣間見る喜怒哀楽と、主人公の半生。見栄や体裁などの”壁”を乗り越えて本質と向き合う瞬間は、形は違えど現代にも通じるスジ道。本著に含まれる既読の『藤十郎の恋』なども、思い起こすと人の持つ暗部分への教示が滲んでいる感。色が若干異なるのが『蘭学事始』。当初から”明暗”に揺れる心。辿り着く解は、明暗とは異なる”真”。これもまた自然回帰也。

2018/06/26

おにく

"忠直卿行状記"は、桐野夏生さんの選集、"我等、同じ船に乗り"で紹介されていて、強く印象に残りました。あらすじは、とある血気盛んな若殿が、ある日偶然に家臣のないしょ話を耳にする。それによると、これまで家臣らは、若殿に勝ちをゆずるため、わざと負けていたと言う。虚しさと寂しさで誰も信用できなくなった若殿は、やがて暴君のように暴力の限りを尽くすようになる。。どの短編も示唆に富んでいて、読み物としても大変おもしろい。太宰治の"お伽草子"と同様、こうした古典文学に触れていきたいです。

2021/07/15

カブトムシIF

私は、昔活字で読んだり、今も朗読テープを聴いています。しかし、あらすじはどなたかにお任せします。また、あらすじは読んでのお楽しみということもあります。この菊池寛は、芥川賞を創設しています。芥川龍之介の友人だった人です。私は菊池寛の初期の短編を高く評価します。また、大正時代の志賀直哉の短編を高く評価した人でもありました。志賀の「豊年虫」にもでて来ます。その頃は、大衆文学の流行作家で、「真珠夫人」などがあります。大正時代の文学者を代表するのは芥川龍之介ですが、志賀直哉は自分の名前が付いた文学賞を禁じたのです。

リボー

※マニアックなレビューすいません。「STEINS;GATE」というゲームがあるのですが、それを友人のすすめでやっています。そのゲームをやっていて、思わず、そのゲームの主人公岡部が「恩讐の彼方に」に登場する主人公と重なって見えてしまい、思わず読み直しました。詳しい描写はネタバレになるので省きますが、このゲームをやった方ならこの文学作品を絶対に味わえるはずです。だまされたと思って見てみて下さい。(青空文庫でも読めます)両作品の主人公を重ね合わせて思わず天を仰ぎました。

2012/12/04

東京湾

「自分と彼らとの間には、虚偽の膜が、かかっている。その膜を、その偽りの膜を彼らは必死になってささえているのだ」執着、不信、嫉妬、矜持、復讐、孤独。歴史的人物を主人公に置きながら普遍的な人間心理を描いている。解説では「偶像破壊」と称していた。確かにどの作品の主人公にも共感を覚える俗っぽさがあり、そこに一層引き込まれた。時代も立場も違えど、誰もが独善的であり、誰もが孤独である。最終的に彼らが達する懊悩の果てには、それがどんなものであれ心打たれるものがあった。劇的であり緻密である。想像を遥かに超えて面白かった。

2019/06/25

感想・レビューをもっと見る