読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

防雪林・不在地主 (岩波文庫)

防雪林・不在地主 (岩波文庫)

防雪林・不在地主 (岩波文庫)

作家
小林多喜二
出版社
岩波書店
発売日
2010-04-17
ISBN
9784003108833
amazonで購入する

防雪林・不在地主 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

松本直哉

横なぐりの吹雪に耐えて佇む防雪林のように、荒涼たる石狩平野の小作農民は過酷な自然に耐え、地主の暴虐に耐え、しかし自らの作物はそのまま小作料となるために口には入らず、芋やかぼちゃで飢えをしのぎ、不作の埋合せに出稼ぎに出て、…読むのが苦しくなるような農民の暮らしの中から地主への不満が鬱勃と沸き立ち、しかし尻込みするものもあり、なかなか団結にはいたらず、そんな中で一匹狼のように行動する源吉のふてぶてしさ。夜陰に紛れて鮭を密漁する冒頭。そして石油缶を手に地主の屋敷に侵入する結末。

2015/01/18

壱萬弐仟縁

「百姓はどの百姓も多かれ少なかれ、あんまり働かなければならないこの世の中にイヤ気がさしていた」(56頁)。現代の非正規パート労働にも通じる。「こんな生活でない、もっといい、本当の生活があると、いつでも、考えていた」(108頁)。なるほど。1928年時点の話だが。現代もだからこそ、こうしたメンタリティが経済成長の原動力たり得てきたのだ。不在地主 の方は、気楽に読んでほしい、と冒頭に書いてある(154頁)。兵士に、「何するだ! 稲!! 稲!!」(235頁)の場面は、食糧を兵士は屁とも思っていないのかと思えた。

2013/04/14

ぺおる

ちまちま読んでいたのを読了。タイトルからわかる通り、北海道における寄生地主と小作人との間に発生する惨たらしい搾取構造が描かれているが、『防雪林』と『不在地主』(実は不在地主は防雪林改題として書かれたためその構成自体は必然似ている)それぞれの描写は大きく異なるような印象を受けた。(この表現が的確かは分からないが)前者が北海道の自然や主人公・源吉の情動や人格を描くのに芸術的色彩が強く思われるのに対し、後者はより理論的・マルクス主義のパンフレット的な印象が拭えない。個人的には防雪林の方が好み。

2020/05/13

もっさん

『不在地主』のみ読了。散々搾取され続けてきた農民が、徐々に仲間を増やしつつ社会に立ち向かっていく様子を描いた作品。蟹工船のときもそうだったけど、労働者の日常描写が凄い。こんなに酷い環境下に大勢の人々が押し込められていたなんて、僕だったらとてもじゃないが耐えられそうにない。現在の日本は、こういう人々の闘いの上に成り立っているという事を忘れてはならない

2011/08/03

Was

プロレタリア文学は、何らかの未来への期待を含んでるという点において、リアリズム(現実原則)の文学からは異なったコンテクストで読み直すことが出来る筈だ。根底はSFに近いのかもしれない。あと下ネタが多いのももっと着目されていい。葉山嘉樹しかり。

2013/05/17

感想・レビューをもっと見る