読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ランボオ詩集 (岩波文庫)

ランボオ詩集 (岩波文庫)

ランボオ詩集 (岩波文庫)

作家
中原中也
出版社
岩波書店
発売日
2013-08-21
ISBN
9784003109724
amazonで購入する Kindle版を購入する

ランボオ詩集 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

lily

アルコール度数40度程の感性的陶酔。愚痴を吐きながらのお酒よりランボオでも読んでいた方が健康的で脳の栄養にもなり、心も愛も育ち、相手の心を理解しようとする余裕も生まれる。今なら、私、とても優しいです。

2020/11/21

HANA

中原中也訳ということで期待して購入。出来は期待を上回る作品ばかりでした。ただ言葉遣いが完全に中原中也のリズムなので、ランボーの詩集というよりは中原の詩集を読んでいるような気分になってしまった。解説でも例に出されている「幸福」の一節とか特にね。詩の翻訳は詩人に勝るものなしと教えられたが、同時にその詩人の色もついてしまうので難しいものであるな。個人的にはこうして訳されたものよりは、中原自身の詩の方が日本語のリズムがあるというか、読みやすくて好きである。

2013/08/31

momo

【私はゆかう、夏の青き宵は 麦穂臑刺す小径の上に、小草を踏みに~】で始まる「感動」が特に良かった。「オフェリア」も良かったが堀口大学訳の方が好み。旧仮名遣いは詩を味わうのに邪魔をするような気がした。難解な詩が多かった。

2021/08/07

里愛乍

中原中也のランボオの翻訳、とくれば、どうしても小林秀雄の『地獄の季節』と並べてみてしまうのだけれども、意味とか解釈とか韻とか、私はそういう読み方ができないので感性でいわせていただければ〝音〟ですね。ふたりの差は此れにつきる。口に出して読めば瞭然です。曲に乗せれば一発です。中也の書く詩は文はそのまま歌えるのですよ。メタル調でカッコよく。「ニイナ」のやつすごく好き。ラスト一行の〆は最高です。解説にあった『ランボオ全集』全三巻。実現すればよかったのに。

2017/10/05

藤月はな(灯れ松明の火)

小林秀雄氏が翻訳した『地獄の季節』は中二臭くて合わなかった思い出があります。しかし、この本は大好きな中原中也氏が翻訳しているので思わず、借りました。当然ながらこちらの詩集の方が言葉遣いも内容も好みでした^^内容はキリスト教への信仰と生の讃歌、そして革命を高らかに謳った作品が中心となっています。マクシミリアン・リュスの『コミューン』を連想させる『谷間に眠る男』が読むことができて嬉しいです。発行当時を再現した緑の市松模様のカバーも素敵です。

2013/10/04

感想・レビューをもっと見る