読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

林芙美子随筆集 (岩波文庫)

林芙美子随筆集 (岩波文庫)

林芙美子随筆集 (岩波文庫)

作家
林芙美子
武藤康史
出版社
岩波書店
発売日
2003-02-14
ISBN
9784003116913
amazonで購入する

林芙美子随筆集 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

『放浪記』の作者の随筆集。身辺のことを書いたものが多い。林芙美子の飾らない、率直な性格が伝わってくる。日本の小説家の場合、小説を書くときは力が入りすぎて文章が息苦しくなることがあるが、随筆の場合は力が抜けて伸びやかな文になって、日本語の持つ温かみや美しさが伝わってくることが多い。それは林芙美子にも当てはまると思う。画家になりたかったことは知らなかった。太陽の光が強烈で、自然がくっきり見える九州で幼年時代をすごした影響かもしれない。

2014/02/04

壱萬弐仟縁冊

「東京駅には人力車なんてなかったが、京都は人力車が随分多い処だ」(39ページ)。都の相違が垣間見れる。「せめて恋愛の上だけでも経済を離れた世界を持ちたい」(58ページ)。ケチケチしていればうまくいかなくなるのだろう。「人一倍筆が遅くて、何時も締切を一週間もすぎてしまう」(101ページ)。謙遜しているのであろうが、現代ではこんな悠長がことが通らないので、まだのんびりした時代もあったものだと思う。「家ではよく腹をたてて自分で泣きたくなる」(160ページ)。厳しい生活の辛さ。図書館での乱読暴読(211ページ)。

2013/01/08

モリータ

落合って、妙正寺川をはさんだ谷になってて山手通は高架になってるし、目白のほうにあがっていく坂のところからはまた雰囲気が違ってておもしろいと思った(林芙美子記念館は坂をのぼるところにある)。

2013/12/25

ひねもすのたり

随筆というよりは、もっと身近なエッセイっていう感じの一冊でした。 最近の女性作家のエッセイと読み比べてみるのも面白いかもしれません。

2011/08/28

sh

落合の話や、家を探す話など、当時の様子がわかって面白かった。

2020/08/07

感想・レビューをもっと見る