読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)

自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)

自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)

作家
谷川俊太郎
出版社
岩波書店
発売日
2013-01-16
ISBN
9784003119211
amazonで購入する Kindle版を購入する

自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

早熟の天才の多くは夭逝してしまうが、80歳を過ぎても活動領域を広げている谷川俊太郎氏の詩集。二千数百に及ぶ詩の中から自身が選んだ173篇を収録。『オールタイムベスト』のような作品を読み、子供の感性を持ち続け、常に新しいスタイルを生む姿勢はピカソのようだなと感じた。20歳で出版した処女作『二十億年の孤独』を書いたのは18歳の頃と知り驚愕。非常に興味深かったのが25頁に及ぶ山田馨氏の解説。佐野洋子さんとの夫婦の協議に同席するほど信頼が厚かった山田氏の「可愛げがないほど老成を知らない」という谷川評は面白い。

2016/05/20

優希

自選ということで谷川さんの好きな詩が選ばれているのでしょう。数ある詩のベスト盤という感じです。色々な書き方をするので読んでいてとても楽しいです。豊かな詩の世界は言葉が歌っているような気がしました。色々な言葉が散りばめられているのに、この言葉が選ばれるべきだと思わせる何かがありますね。何度も読んで好きな詩を見つけたいと思います。

2015/12/14

chantal(シャンタール)

この本を片手に列車で旅する自分の姿がそこに見えているような気がした。車窓を流れるのは山や森や水や季節の花々や青空や星空。それは谷川さんが好きで詩に詠んだものたち。それからモーツアルト。うんちは外させてもらうけれど。美しいだけでなく、なんとなく怖さを感じる詩や老いや死についての詩もある。でも谷川さんの手にかかると死すらも、微笑ましくなる不思議。「一日は夕焼けだけで成り立っているんじゃないから/その前で立ち尽くすだけでは生きていけないから/それがどんなに美しかろうとも」この言葉が何故だか深く深く、心に残った。

2020/07/16

Koning

ということで、30日ぐらいからじわじわと読んでた岩波文庫版谷川俊太郎自選詩集。冒頭の前書きにある通り長い長い詩人としての歩みをある意味俯瞰できる感じ。お気に入りの詩があったりなかったり、気づかなかった何かの片鱗にも触れることができてありがたい感じです。最初期のノートに書かれていたある意味痛いところもある(前に剥き身のナイフのような感じと書いたやつ)なんかからことばあそびうたを経てさらに最近のものまでこの並びだからこそ別の詩集で読んだ時と違った印象もあってたまりませぬ。

2016/04/02

つねじろう

詩人自体は自分の中ではかなり特別な位置を占め、それが谷川俊太郎だったりすると無条件降伏状態で手にとったりする。だってアトムの作詞者だし、佐野洋子に振られてから、宇宙人的な感じから少し地球人的になったし、一番付き合いも長いし、旅行鞄には必ず入ってる。どの時代のどのうたも好きだけど二十億光年の孤独と日本語のカタログ、言葉は、おばあちゃんとひろこ、泣いてるきみが好き。もう82だって、詩人は年を取らないね。

2013/08/04

感想・レビューをもっと見る