読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

東京百年物語1 一八六八~一九〇九 (岩波文庫)

東京百年物語1 一八六八~一九〇九 (岩波文庫)

東京百年物語1 一八六八~一九〇九 (岩波文庫)

作家
ロバート・キャンベル
十重田 裕一
宗像 和重
出版社
岩波書店
発売日
2018-10-17
ISBN
9784003121719
amazonで購入する

東京百年物語1 一八六八~一九〇九 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

ロバート・キャンベルさんらによる編集で東京の情景などあるいは舞台にした文学作品に書かれたものを集めたアンソロジーです。1868年から100年で全3巻で岩波文庫から出版されています。この巻ではロバートキャンベルさんが現代訳されたりしています。作品としては、当時の有名作家(樋口一葉、泉鏡花、正岡子規、岡本綺堂、夏目漱石など)が書いていますが私にはあまりなじみのないものでした。最初に収められている関謙之の「銀座小誌」を興味深く読みました。江戸から東京に移る時代のものです。

2018/11/20

かふ

先日、「銀ぶら」していたら北村透谷と島崎藤村の石碑を見つけたで家に帰って『東京百年物語1』で透谷『慢罵』を読んだら、明治近代化の中で移動していく(江戸から東京)の移りゆく街並みを描いていて、物欲の街の中で詩の必然を訴え、創造的思考の欠如、詩ではなく詩歌が好まれて浮かれ気分でいるのを憤る文だった。「銀ぶら」というのは明治末期に知識人や文化人が路地裏を歩きながら、その観察を通して内面を刻みだす文が流行ったからだという。ショッピングとかじゃなかったんだ。19世紀半ばのフランス文学の影響とか。『武蔵野』に通じる。

2019/03/02

感想・レビューをもっと見る