読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

東京百年物語3 一九四一~一九六七 (岩波文庫)

東京百年物語3 一九四一~一九六七 (岩波文庫)

東京百年物語3 一九四一~一九六七 (岩波文庫)

作家
ロバート・キャンベル
十重田 裕一
宗像 和重
出版社
岩波書店
発売日
2018-12-15
ISBN
9784003121733
amazonで購入する

東京百年物語3 一九四一~一九六七 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

東京が舞台となっている文豪たちの小説のアンソロジー三部作で最後の巻です。1941年から1967年までの作品が収められています。太宰治の「東京八景」から吉行淳之介の「廃墟の眺め」まで私の小さい頃の作品もあったりでなつかしく読みました。上林暁の「国民酒場」や稲垣足穂の「有楽町の思想」などは当時の状況をうまく描いているのでしょう。

2019/01/15

感想・レビューをもっと見る