読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドリアン・グレイの肖像 (岩波文庫)

ドリアン・グレイの肖像 (岩波文庫)

ドリアン・グレイの肖像 (岩波文庫)

作家
Oscar Wilde
オスカー・ワイルド
富士川義之
出版社
岩波書店
発売日
2019-09-19
ISBN
9784003224595
amazonで購入する Kindle版を購入する

ドリアン・グレイの肖像 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

この作品については。比較的に若い頃に縮刷版のような感じで読んだのを覚えています。あらすじだけは覚えていたのですが、このようなかなり対話が多い長編小説だとは思ってもみませんでした。当時のイギリス(19世紀)の生活の様子などがわかるような気がしました。富士川さんの訳が非常に読みやすい感じでした。

2019/11/01

Gotoran

若さを十二分に体現している老けない主人公のドリアン・グレイ、しかし、彼は自分の肖像画を介して老いていく自分を客観視することで苦悩に陥る、自分が罪を重ねる毎に肖像画見ては追い詰められて堕落していくドリアン。ヘンリー・ウォルトン卿の悪魔の誘惑。ドリアンに惹かれる画家ヴァジルの破滅。なんと人間は愚かなことか。…ドリアンの若く、美しさを保つ肉体と醜く、堕落していく魂の対比が象徴的である。オスカー・ワイルドの芸術観、道徳観を垣間見ることができる読み応え十分の作品であった。

2020/09/24

momo

自分の容姿の衰えを異常に恐れる様子は同性愛云々だけでなく、自分を嫌った祖父ケルソー卿への憎悪なのではないか。またハリーのシニカルな言葉の数々は哲学者のようで、この作品はハリー(ワイルド自身)の箴言集と思えなくもない。そんなハリーの言葉に「洗脳」と言っていいほど影響を受けていくドリアンの変化に目を見張った。肖像画が自分自身の人間性の現れならば、誰にも目につかぬよう屋根裏部屋に隠しても無駄なのだ。いくら容貌が美しくても、自分の心だけには嘘がつけない。そして、その深遠を覗き込むことなしには人は成長など望めない。

2021/09/26

yumiha

大好きなマロリーシリーズ(キャロル・オコンネル)に2度は登場した本書。ドリアン自身はいつまでも若く魅力的なのだけれど、その代わりに肖像画が老いて醜悪さを増していくのだそう。女性に人気のアンチエイジングか?気になりますがな。〈逆説の王子〉ことヘンリー卿の穿った視線に何度かニヤリとさせていただいた。そのヘンリー卿の本質は「善良」と見抜いていたのは絵描きのバジル。でも若かったドリアンは、まるごと影響されて堕落の道を突き進む。それでも罪の意識から逃れられずに上塗りするがごとく更なる悪行に手を染めるドリアン。

2020/07/23

ケイトKATE

類まれな美貌を持つドリアン・グレイは、画家バジル・ホールワードの肖像画のモデルとなった。ドリアンの肖像画を見た唯美主義者のヘンリー・ウォットン卿はドリアンに魅せられ悪徳に満ちた美へと導く。純真無垢だったドリアンもずっと美しいままで、絵が年を取ってほしい願望に憑りつかれ、ヘンリー卿の誘惑に乗り転落していく。退廃と耽美が混った小説であるが、悪徳と否定されているものから美を見出していく逆説的な発想は、文学だけでなく様々な芸術に影響を与えている。特に、ヘンリー卿の皮肉を含みながらも説得力のある言葉は象徴的である。

2020/10/24

感想・レビューをもっと見る