読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

荒野の呼び声 (岩波文庫)

荒野の呼び声 (岩波文庫)

荒野の呼び声 (岩波文庫)

作家
ジャック・ロンドン
Jack London
海保眞夫
出版社
岩波書店
発売日
1997-12-16
ISBN
9784003231517
amazonで購入する

荒野の呼び声 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

ゴールドラッシュが起こった頃のアラスカを舞台に、苛烈な大自然と砂金に憑かれた男たち、そしてそこに生きることになったバックを描く。本書はジャック・ロンドンの経験と緻密な観察眼、そして何よりも豊かな想像力に裏打ちされている。人間とは3万年も前から付き合いのある犬だが、これほど犬の持っている可能性と力を描き切った小説もないだろう。また、終盤で野生の声に呼ばれてからの物語は、ロンドンの作家的想像力の本領を発揮した見事な成果だ。これまでに失った犬たちには悪いことをしたと思う。その分、せめて今の愛犬には幸せな生を。

2015/07/04

扉のこちら側

2016年697冊め。【195/G1000】凍てつくアラスカに思いを馳せる。野生か忠誠心か。​牙を抜かれて​不自由なく暮らしていた大きなお屋敷から攫われた​悲劇​が人間のせいならば、野生の声に呼ばれた後が本来の姿である彼らを愛玩動物の地位に留めておいたのも人間のエゴ。​シートン動物記の『狼王ロボ』を思い出す。​ストーリーを知っていたので、多分昔原書で読んでいるはず。

2016/09/06

metoo

子犬を飼い始め成犬になった頃、夜に突然遠吠えをすることがあった。空を仰ぎ誰に教えて貰った訳でもなくそれは仲間に呼びかけるような、己の中にある野性を確認するような、獣の匂いがぷんぷんして、私は遠ざけられた気がした。太陽の降り注ぐ大きな屋敷で何不自由なく暮らしていたバック。連れ去られアラスカで犬ゾリで働かされ主人が変わり仲間が死に、生きるか死ぬかの瀬戸際を潜り抜け狡猾さと野性を研ぎ澄ませたバックは、準備を終え飼い主に忠節を尽くした後、己の生きる道が決まった。呼び声に呼応する気高きバック。さようならバック。。。

2016/01/26

キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん

犬のバックが主人公。暖かいアメリカ南部のお屋敷で、一家の主人として(自分ではそう思っていた)支配していたが、かどわかされて売られて、アラスカで橇を引く犬になる。新しく主人となった人間達とのやりとり、犬同士の勢力争い。犬が主人公の小説など全く興味の無かった私だったが、これ程リアルで心を打つ物語はそうそうあるものではない。アラスカの荒々しい生活と、恐ろしい人間同士の争い。あー面白かった。

2016/01/10

ビィーン

「バックは新聞を読まなかった」で始まるので、主人公が人間と錯覚する。主人公である犬のバックが過酷なアラスカの自然環境で、波乱万丈に逞しく生きていく姿に感情移入。人間ソートンとの別れ方が悲劇的で切ない。セントバーナードとシェパードの雑種犬が野生に帰る話は空想的だが、とても面白い本だった。

2017/02/28

感想・レビューをもっと見る