読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

武器よさらば 下 (岩波文庫 赤 326-3)

武器よさらば 下 (岩波文庫 赤 326-3)

武器よさらば 下 (岩波文庫 赤 326-3)

作家
アーネスト・ヘミングウェイ
谷口 陸男
出版社
岩波書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784003232637
amazonで購入する

武器よさらば 下 (岩波文庫 赤 326-3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

イプシロン

戦争によって生みだされるものは何一つないというテーマを、赤子の死産と愛する人の死によって描き出しているのが見事。だがヘミングウェイ独特の文体ゆえにそれを感情で味わうのはなかなか難しいかもしれない。――「あなたはいのちを重く見なさるかな?」齢94歳のグレッフィ伯の問いかけこそ、この作品最大の問いかけだろう。それに対する主人公の回答が実に傲慢で、信心深さの無さを曝け出す場面は、この戯曲的小説のハイライトといえよう。信仰を持つとは自分の愛する者だけに目を向けることではなく、あらゆる生命に目を向ける道なのだから。

2016/01/21

D

戦場という非日常に、恋愛という日常が迷い込んでしまったために起きてしまった悲劇だった。世界全体が作り出した因果が個人に牙を向けてくる。報われない。

2015/10/31

ペペ

上巻と同じく淡々と書かれており、上下巻通して戦争の無常さを読者に訴えかけてきた。

2016/04/16

ぴーひゃらら

結局二人は戦争から逃げ切れてはいなかったのだろう。戦争は何かを生み出しもするが、同時にあらゆる点で人を不幸にする。

2010/07/31

じゅういちじゅうに

戦争の中にも日常は生き延びるけれど、その日常は戦争によってがけっぷちにまで追われていて、戦争が続く限りいずれかは落下する、というのが自分の感想。素晴らしい解説に従って様々な読み方が出来た。

2008/11/13

感想・レビューをもっと見る