読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

風と共に去りぬ(四) (岩波文庫)

風と共に去りぬ(四) (岩波文庫)

風と共に去りぬ(四) (岩波文庫)

作家
マーガレット・ミッチェル
荒このみ
出版社
岩波書店
発売日
2015-11-18
ISBN
9784003234242
amazonで購入する Kindle版を購入する

風と共に去りぬ(四) (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Mijas

解説は「南北戦争と銃後の女たち」。南北戦争と再建時代が描かれるこの巻を読むと、当時のアトランタの無法地帯ぶりがわかる。扇動された解放奴隷たち、KKKの結成。「自由とは終わりのないピクニック、怠惰と窃盗と傲慢のカーニバル」と形容されている。戦争は混乱を生み、南部女性たちに重くのしかかる。恐怖、飢え、重労働、これまでの慣習が役に立たなくなった現実の中、スカーレットは本領を発揮する。「みんなに吠えさせて」おける気丈さがあるのはすごい。好きな場面は、アシュリーとのこの一コマ。「あなたにはタラがあるじゃないですか」

2016/03/09

きいち

もう止まらない。◇アシュリーに赤土を握らせられて正気に戻る「雄々しい」現実家スカーレット、いっきに事業家に成りあがるスカーレット、その魅力が炸裂する4巻。数字が得意って設定だったものな、しっかり回収してくれてうれしい。ふふ、『ヨコハマ物語』だ。◇一方男どもは、レットを引き立てるためかもしれないが、かなり残念な設定。逆ハー状態だしもうちょっと魅力上乗せしてもいいと思うのだが。◇荒の解説は、銃後の女たち。クリミア戦争直後の看護師、女スパイなど多士済々。戦争が平等を一気に推し進めるのは、総力戦の共通項なのだな。

2019/02/13

藤月はな(灯れ松明の火)

一応、男に頼らないと独り立ちできないのが、世間における女のあり方。でも緊急時の肝の座り方や周囲の効果的な動かし方、未来へ通じる資産運用を本能的に知っているのは、実は女。だって生きるために手段も選ばず、必死にならなきゃ、いけないのは「弱い」と侮られがちな女なのだから。一般的な見方を剥ぎ取り、ただ、現実と向き合って生きる女のリアリティを描いたからこそ、この作品は多くの女性に共感され、愛されるのかもしれません。

2015/12/29

ヘラジカ

自分に甘く勝手気ままに生きてきたスカーレットは、自らの生活と愛する故郷を守るため、堅い意志を持って”戦後”との戦いを始める。スカーレットの手練手管に一(男性)読者としては少々げんなり。しかし、こう感じるのもそれだけ入れ込んで読んでいる証拠だろう。主人公の行動に一喜一憂せざるを得ない小説になんて、最近では中々お目にかかれないのだから。第4巻に至っても勢い衰えず、相変わらず面白い。昨今のアホみたいにつまらないテレビドラマを見ている人が読んだらどう思うのだろうか。

2016/05/18

コニコ

今回も読書会のために再読。登場人物が多いだけに最初に読んだ時は気がつかなかったタラの近所の人たち。その精神的な窮乏ぶりは、スカーレットたちを超えるものがあった。名家の跡継ぎは戦死しているか、病気という状態で、希望を失っている。そして戦争終結後の再建時代の混乱。そんな中で、懸命に生きるスカーレット、アシュリー、レットたち。それぞれは、お金のため、名誉のため、そして愛のために雄々しく生きていく。人妻になっても危なっかしいスカーレットを見守るレットがいじらしい。

2020/07/08

感想・レビューをもっと見る