読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫)

作家
シュニッツラー
番匠谷 英一
山本有三
出版社
岩波書店
発売日
2011-07-16
ISBN
9784003243060
amazonで購入する

花・死人に口なし 他7篇 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

『アイズ・ワイズ・シャット』の原作者による入れ替わっていく愛と不実と死の短編集。不倫が多いのは作者のお国柄なのかしら?「花」は死者の名残とも言える花に取り憑かれた男。でもそれを捨て去り、生気を取り戻させるのが今の恋人だったというのがあっけらかんとしている。「わかれ」は死に逝く女の残酷な神秘性に対し、現世に取り残される男の弱さが鮮烈に対比されている。「死人に口なし」は不倫相手と逢瀬中に事故に遭い、恋人だけ、死んでしまった女の天秤に掛け、自己弁護に窮しながらも良心の呵責に苛まれるという心情が巧みで唸るしかない

2017/11/24

春ドーナツ

主人公の立ち位置。地面から2cm程浮いている。ゆらゆらしているのが文章に反映される。プロットに対して自由だ。宇宙遊泳。海月。場面転換は無意識下で行われる。非ー直線的。見本:「突然、彼は自分の部屋の中に立っていた。しかしどうしてここへ上がって来たのか、それは自分にも思い出せなかった」「前のこと、今起こりつつあること、そしてこれから起こるべきことなどが、すべて一緒くたになって意識に上がってきた」(46・52頁「わかれ」)読者は終始不安な気持ちになると思う。私たちも知らぬ間にジャンプしたまま着地できないからだ。

2019/01/14

ハルマッチ・ハセ

ずいぶんクラシカルでメランコリックやないの、アタシ向きじゃないわ、と読み進めたが、やっぱこれも怖いやつに思えてきて。。。「あなたあーお帰りなさい。覚めないうちにご飯食べてえ」そう言って妻が用意した食事は全て蝋細工だった。「どおして食べないの?わざわざあなたのために一生懸命作ったのよお」なんかそういう、表面だけはリア充装って心は死んでます、みたいなつめたーい冷気が読んでるうちにひたひたと心臓部に染み渡ってきました。「エイジオブイノセンス」っていう映画思い出しました。ダニエルデイルイスってすごい俳優だな。

2019/01/21

きりぱい

不倫する二人の乗る馬車が横転し、男が死亡。どうしたらいいの!残された女がひたすら考えあぐねる顛末「死人に口なし」。約束の時間に来ない相手に、どれだけ自分に都合よく解釈を作り上げるか、滑稽なほど男が哀れになってくる「わかれ」。妄想だった不倫が現実になる驚きの日記「レデゴンダの日記」。盲目の弟に疑われ、悲しすぎる決着を見せる「盲目のジェロニモとその兄」など、いずれも愛の苦悩や心変わりなど、追い込まれる心理が克明でこちらまで憔悴しそうな妙な面白さ。ロマンチック転じて皮肉な愛の幕切れが多い。

2012/03/27

ラウリスタ~

久々に読むドイツ文学。読めば読むほどドイツ文学の異質性が目に付く。フランスと比べ、小品重視。シュニッツラーさんも研究者にすら長編はだめ、劇はだめとこき下ろされている。その反面細やかに神経の行き届いた短編の完成度は秀逸。「死」についての含蓄ある、それでいて読みやすい短編が続く。読んでいる最中は面白いと感じる。ただ、その反面記憶のなかには長く留まり続けないだろうと予想できてしまう短編集。その読みやすさが、読み飛ばされやすさにも繋がっている印象を受ける。ただ、いい短編ではある。

2011/11/09

感想・レビューをもっと見る