読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ウィーン世紀末文学選 (岩波文庫)

ウィーン世紀末文学選 (岩波文庫)

ウィーン世紀末文学選 (岩波文庫)

作家
池内紀
出版社
岩波書店
発売日
1989-10-16
ISBN
9784003245415
amazonで購入する

ウィーン世紀末文学選 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

19世紀末から20世紀初頭にかけて書かれた16の短篇小説を収録。時はあたかも世紀末から第1次世界大戦前夜あたりまで。この時期の文化をリードした街をあげるなら、やはりパリとウィーンがその筆頭にあげられるだろう。ウィーンにはクリムトがいて、エゴン・シーレがいて、街はユーゲント・シュティールの意匠に溢れていた。音楽界もまた当時はマーラーがウィーン・フィルを率いていた。それに比すれば文学界はいささか地味だが、それでもホーフマンシュタールやシュニッツラーがいた。本書は随所にこの時代のウィーンを髣髴とさせるのである。

2014/08/26

Tadashi_N

世紀末ウイーンに集まった才能の多様さ。

2016/11/06

瓜坊

ハプスブルク帝国の末期のウィーン、他民族に寛容な文化都市で爛熟した芸術の街ってイメージがあるけれど、その時代のウィーンを横に切った断面図のような短編集。先にイメージがあるから、退廃とか耽美とか、全体的な雰囲気はそういう言葉が漂っている。シーレやクリムトの挿絵も相まって。でも一括りにできない多様さ。現代の日本に「終わりなき日常」って言葉があるけど、この時代のウィーンって終焉が避けられない状況で、溜まりに溜まった古からの美の中で燃え朽ちるように生きてる感じがする。

2019/03/18

rinakko

解説にある言葉の通り、“時代を横に切る”とても興味深いアンソロジーだった。一つ、また一つと続けて読んでいくことで、重過ぎず軽過ぎない絶妙な豊かさをより感じやすく、より幅広く堪能できる内容になっている。辛辣な皮肉も、嘲弄、憂鬱、幻想、厭世、優雅に怠惰に滅びゆく貴族の姿も…。頽廃の色濃く、いささか毒が強めな作品が揃っているところは流石だ。

2014/02/09

訃報

変な小説が多くて面白かった!内容が変なのもあれば、形式が変なのもあり…合間に入っている全然内容と関係なさそうな挿絵も妖しくて良い。『ジャネット』と『小品六つ』前者は作者が喋ってるような勢いある短文の連続した文体、一人称と三人称の中間でちょっと太宰っぽいが冗長ではなく、荒々しいのがいい。後者はものすごく淡々とした文体ながら、詩的で余韻があって好みだ。

2018/07/01

感想・レビューをもっと見る