読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

未成年 中 (岩波文庫 赤 614-7)

未成年 中 (岩波文庫 赤 614-7)

未成年 中 (岩波文庫 赤 614-7)

作家
ドストエフスキー
米川正夫
出版社
岩波書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784003261477
amazonで購入する

未成年 中 (岩波文庫 赤 614-7) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アリョーシャ

前半はアルカージイの青臭さが鼻についたが、後半は彼の中にも光るものが見えてきた。とりわけ、中巻の最終章の「雪中の幻」は良い。クライマックスに向けて物語が動き始めた。

2020/10/18

tieckP(ティークP)

第2部は、周りの反応から何か主人公が気づかぬことが進行していることがほのめかされ、そして突然に明かされる部である。その予感のさせ方が実にうまくて、明かされる場面まではぼんやりとしか予測が付かないのに、明かされれば読み返すまでもなく、それが主題だったのだと分かる。米川訳と工藤訳だとやっぱり後者はごくたまに「てにをは」がおかしい。それから前者の方が登場人物のセリフの特徴付けが巧み。ただ、これぐらい話が盛り上がってくるとあまり気にならなくなってくる。翻訳の良しあしを超えた作家の力量を感じた。

2013/08/01

astrokt2

未レビュー

2009/05/29

MatsumotoShuji

020801

感想・レビューをもっと見る