読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

映画とは何か(下) (岩波文庫)

映画とは何か(下) (岩波文庫)

映画とは何か(下) (岩波文庫)

作家
アンドレ・バザン
野崎歓
大原 宣久
谷本 道昭
出版社
岩波書店
発売日
2015-03-18
ISBN
9784003357828
amazonで購入する

映画とは何か(下) (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅん

下巻は個別作品への論考が多めに収録されていて、映画好きには上巻以上にグッと来るのではないか。リアリズムはあくまで作品の美学に基づくもので「本物らしさ」と混同してはいけない、という論理からネオリアリズモ映画の意義を探る論考群が素晴らしい。「現実を尊重するということは現実の外観を積み重ねていくことではなく、その反対に、現実から本質的でないものすべてを取り除くことであり、簡潔さの中で全体性に到達することなのです」。なんて蠱惑的な言葉だろう!デ・シーカについて語る時の口調は熱過ぎて泣けた。『自転車泥棒』観直そう。

2017/01/22

ラウリスタ~

上は面白かったのだが、下に収められている文章は、個別的な映画、特にアメリカの西部劇映画や、イタリアのネオレアリズモ映画について書いているため、どちらもほとんど見たことがない人からすれば興味が涌かない。そもそも、この本は、各所雑誌のために書いた細切れの文章を集めた本から、面白い章を集めたものだから、個別批評になる下が退屈なのも当然なのだが。

2015/04/22

Happy Like a Honeybee

唯一にして真の批評家(ゴダール)下巻は更に鋭い考察。特に戦後イタリアにおける、ネオレアリズモの章は後世に語り継がれるだろう。 優れたシナリオ、映像、音響を駆使しても不朽の名作と呼ばれる映画は創造しえない。デ・シーカ「自転車泥棒」はあえて即興性を導入する事で、現代でも印象的な作品となった。 隠れた名作が市場で高騰するのは嘆かわしい。もっと普及しないと

2016/02/23

かふ

ハリウッドのカット割り(編集作業)はスペクタクルを生み出すが映画のリアリズムから離れていく。イタリアのネオリアリズモの監督たちの作品を観ながらバザンが求めた「映画とは何か」を改めて考える。

2015/11/04

FK

まず下巻から読む。フランス語の日本語訳で、翻訳のせいか、もともとの文章のせいかなかなか難解であった。十分な理解に至っていない憾みがあるが、まずは一読ということで。/うまくいけば、スターになった子役は驚くべき若手俳優となるかもしれないが、それはまた別の話だ。経験の乏しさと素朴さが子役に求められる不可欠の要素であるかぎり、彼らが長持ちしないことは明らかである。(P.90 「20 映画におけるリアリズムと解放時のイタリア派」)【厳しい指摘だが、現実はそういうことだろう。】

2020/11/09

感想・レビューをもっと見る