読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

渋沢栄一伝 (岩波文庫)

渋沢栄一伝 (岩波文庫)

渋沢栄一伝 (岩波文庫)

作家
幸田露伴
出版社
岩波書店
発売日
2020-11-17
ISBN
9784003600382
amazonで購入する Kindle版を購入する

渋沢栄一伝 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

AICHAN

図書館本。昔の文体の文章で読みにくいったらありゃしない。最初は真面目に読んでいたが、途中から面倒になってきて斜め読み。まともに読んでも頭に入らないのに、斜め読みではほとんど頭に入らなかった。渋沢栄一が日本資本主義の父と呼ばれるに至った活躍は何となくわかった。

2021/11/07

スプリント

濃密な人生を送ったことがわかる。 柔軟な思考の持ち主だったのだろう。

2022/04/03

yamahiko

大河の前に一読。 後半生に進むに連れ、幸田露伴がどんな思いで上梓したのかという方に意識が向いてしまった。

2021/02/11

うた

自伝『雨夜譚』を中心に晩年を迎えた幸田露伴が語り直した渋沢栄一の生涯。『蒲生氏郷』などと比べると、お説教くささが抜け、より枯淡とした書きぶりが活きている。ただ文芸としては無難な作品だと思う。私は維新志士や新撰組よりも、渋沢の行き方に心惹かれるのだけれど、史伝としてこんな書きづらい人もいないでしょう。

2020/11/29

たかし

家ではすらすら読めないけど、電車ならなぜか読めるスムーズに読める。大河の予習にはなったかな。

2021/03/28

感想・レビューをもっと見る