読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

続 羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 690)

続 羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 690)

続 羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 690)

作家
加藤周一
出版社
岩波書店
発売日
1968-09-20
ISBN
9784004150978
amazonで購入する Kindle版を購入する

続 羊の歌―わが回想 (岩波新書 青版 690) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

奥澤啓

加藤周一を読むたびに気づくのが極端にカタカナ語の使用をさけていることだ。カタカナ語の濫用はきたない。それは終生かわらぬ加藤の文章作法であった。日本語で表現できることは日本語で表現すべきである。「テニスコート」ではなく「庭球場」といい、「タクシー」ではなく「乗合自動車」という。それは母語への愛情の発露にほかならない。またいくつもの外国語に通じていた加藤は、外国語をカタカナ語として用いることが本来の意味とはことなる相を日本語の中で持ちはじめることを熟知していたからでもある。今の日本はどうか。目も当てられない。

2015/01/10

奥澤啓

『羊の歌』(続)は敗戦から日米安保条約改定までが描かれる。原爆投下後の広島での日米合同調査団としての活動。京都の女性との断章。血液学専攻の医学生としてのフランス留学。欧州の中世建築や美術との出会い。妻となる人との邂逅。帰国。親友との死別。そして戦後の日本の大きな節目であった安保条約改定。正続を通じて点描のように何人かの女性が登場する。その登場のさせかたに、そうとうの企みがあるように私には思える。27歳の時の最初の結婚にふれていないのはなぜか。私事への好奇心ではない。意図的な欠落を感じるためだ。

2015/02/24

さきん

戦後から安保改訂までを知識人の視点から振り返る内容。医師の仕事と文学、評論、政治を両立する能力はすごいと思った。しかし、やはり典型的な戦後の知識人といった感じで、特にノブリスオブリージュもなく、好きに世の中を皮肉って生きているなと思った。安保に関しても、納得できないところが多々あった。もちろん憲法をないがしろにしている点は問題だと思うが、憲法が国民の規範を代弁しているのか、現実と理想の両方から乖離していないのかというところから考える必要があるのではないだろうか?

2017/01/18

あきあかね

 著者の自叙伝であり、魂の遍歴である。終戦直後の焼け跡の描写は、当時の日本社会とそこに生きる人びとを活写していて、その熱量が伝わってくる。「焼け跡の東京には、見せかけの代りに、真実があり、とりつくろった体裁の代りに、生地のままの人間の欲望がー食欲も、物欲も、性欲も、むきだしで、無遠慮に、すさまじく渦を巻いていた。···私が乗合の窓から眺めた東京の市民の表情は「虚脱状態」で途方に暮れているどころか、むしろ不屈の生活力に溢れていた。」 終戦後まだ2ヶ月の頃には、医師として被爆の影響の調査のために広島に赴く。⇒

2019/03/14

水無月

戦後すぐから1960年安保改訂まで。医師としての仕事、文学的出発、海外での体験と芸術、政治、文化に対峙する精神の遍歴が語られるが、前巻以上にあえて書かれなかった部分があるのでは。つまりより小説的だということかもしれない。しかし読み終えて歴史の歯車が本当に巻戻されつつあるのかと不安を感じながらも、久しぶりで文章が持つ力に酔った気分で幸福だった。挿入される女性達との会話から学生時代にフランス語の教科書だった「Hiroshima,Mon amour」を連想してしまった。

2016/12/06

感想・レビューをもっと見る